メインメニューを開く

宇山 智彦(うやま ともひこ、1967年11月1日 - )は、日本の中央アジア地域研究者、歴史学者政治学者北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター教授

目次

略歴編集

受賞歴編集

著書[6]編集

単著編集

  • 『中央アジアの歴史と現在』(東洋書店、2000年)

編著編集

  • 『中央アジアを知るための60章』(明石書店、2003年)
  • Empire, Islam, and Politics in Central Eurasia (Sapporo: Slavic Research Center, 2007)
  • 『地域認識論:多民族空間の構造と表象(講座スラブ・ユーラシア学2)』(講談社、2008年)
  • Asiatic Russia: Imperial Power in Regional and International Contexts (London: Routledge, 2011)
  • 『ユーラシア近代帝国と現代世界(シリーズ・ユーラシア地域大国論4)』(ミネルヴァ書房、2016年)
  • 『ロシア革命とソ連の世紀5 越境する革命と民族』(岩波書店、2017年)

共編著編集

共訳書編集

脚注編集

関連項目編集