宇留野氏(うるのし)は日本氏族のひとつ。

宇留野氏概説編集

宇留野氏本姓源氏。その家系清和天皇第六皇子 貞純親王王子 経基王にはじまる清和源氏に属し、経基王の子 源満仲四男 頼信に始まる河内源氏の係塁である。宇留野氏は頼信の子 頼義三男 新羅三郎義光の長男 進士判官義業に始まる常陸源氏でその子 昌義を祖とする佐竹氏の傍流にあたる[1]家紋は章扇。庶流に大山田氏あり[2]

佐竹義胤の四代 義長の代に常陸国那珂郡宇留野邑に拠り、宇留野氏を起こすとされ、『佐竹氏系図』に宇留野氏の発祥までの過程を次のように載せる。義元佐竹義舜の子であったが、宇留野氏当主であった四郎が賀峰で討ち死にした為、同氏を継いだ。部垂とも称し、佐竹宗家と対立したため部垂義元の乱にて滅ぼされ、子 竹壽丸ともども討たれる[1]

系譜 佐竹義胤-義人-伊予守義俊-宇留野掃部頭義長-四郎=義元-竹壽丸(滅亡)

秋田藩士 宇留野氏編集

なお、別流は存続しており、伊予守義俊の四子 存虎山入氏義に属して大縄甚六に討たれ敗死する。その子は源兵衛義長と称する。その長男は源五郎長昌といい、次男は右近長行といい、永禄6年(1563年) 小田方との戦いで討ち死にする。子孫秋田に下り、知行高500石、幕紋は三頭丁子巴を用いるという[3]

宇留野勝明は久保田藩の初代郡奉行などを務める

系譜 宇留野存虎-源兵衛義長-源五郎長昌=右近長行-義長-勝忠=勝明-勝休-伊勢千代

宇留野源兵衛の弟は左近勝親といい、佐竹義宣秋田転封平鹿郡横手に住むという[4]

水戸藩の尊王志士・義民として活躍した宇留野氏編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 太田亮上田萬年三上参次監修『姓氏家系大辞典 第1巻』(角川書店1934年)785頁参照。
  2. ^ 宇留野義長の四男は大山田大学という。佐竹侯に随い秋田に移るという。太田亮前掲書(角川書店、1934年)1340頁参照。
  3. ^ 常陸太田市史編さん委員会前掲書(常陸太田市、1982年)785頁参照。秋田県立公文書館編『系図目録Ⅰ (PDF) 』 (秋田県、2001年)145頁参照。
  4. ^ 常陸太田市史編さん委員会前掲書(常陸太田市、1982年)103頁参照。
  5. ^ 明田鉄男『幕末維新全殉難者名鑑2』(新人物往来社、1986年) 193頁参照。

参照文献・外部リンク編集

  • 明田鉄男編『幕末維新全殉難者名鑑Ⅱ』(新人物往来社、1986年)
  • 秋田県立公文書館編『系図目録Ⅰ (PDF) 』 (秋田県、2001年)
  • 太田亮著、上田萬年、三上参次監修『姓氏家系大辞典 第1巻』(角川書店、1934年)
  • 常陸太田市史編さん委員会編『佐竹家臣系譜』(常陸太田市、1982年)

関連項目編集