宇陀崩れ(うだくずれ)とは、江戸時代大和国宇陀松山藩で起こったお家騒動である。

宇陀松山藩3代織田長頼の時、弟の長政に福知村ほか8か村3000石を分与した。4代織田信武の代に至り藩の財政は窮乏し、打開策をめぐって重臣が対立。1694年元禄7年)、信武は、創業功臣の裔である重臣生駒三左衛門田中五郎兵衛を討ち果たしたが自らも自害を遂げた。このため翌年、後継の織田信休丹波国氷上郡柏原藩2万石に減封のうえ国替となり、宇陀松山藩は廃藩となり終焉した。