安保実員

鎌倉時代前期の鎌倉幕府の御家人

安保 実員(あぼ /あぶ さねかず)は、鎌倉時代前期の鎌倉幕府御家人名字阿保とも。父は安保実光

 
安保実員
時代 鎌倉時代前期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 七郎(通称)、阿保実員
官位 左衛門尉
幕府 鎌倉幕府
氏族 安保氏
父母 父:安保実光
兄弟 阿保実房安保光重実員
泰実北条泰時継室
テンプレートを表示

人物編集

武蔵七党の一つで丹治比真人姓を称し、武蔵国安保(現埼玉県児玉郡神川町元阿保)を拠点とした丹党の一族、安保氏の2代目。

承久の乱の恩賞として播磨国守護に任じられる。実員の娘は鎌倉幕府3代執権である北条泰時継室となって次男時実を産むが、時実は16歳で死去している。これ以外の孫として阿保頼泰がいる。実員の一族は本来分家の流れだが、鎌倉幕府が崩壊し、宗家が滅ぶと、代わりに惣領家を継ぐ事となる。頼泰の子孫は室町時代を生き抜いて、のちに後北条氏に属する武将として、上野国内の要衝を支えることとなる。