メインメニューを開く

安原 政雄(やすはら まさお、明治43年(1910年)10月13日[1] - 没年不明)は、日本ヤクザ暴力団三代目山口組若頭(後に舎弟に直った)。安原会会長。通称マンマン。兄の安原武夫も三代目山口組七人衆の一人にかぞえられた。

目次

来歴編集

兵庫県神戸市で鉄工所工員の四男として出生。尋常小学校卒業後に不良となり、兄の武夫と共々二代目山口組・山口登組長の元へ出入りするようになって、若衆となる。

昭和21年(1946年)に田岡一雄が山口組三代目を襲名すると、兄・武夫とともに田岡の若衆となる。この時山口登の舎弟だった森川盛之助湊芳次が田岡の舎弟に直り、また、岡精義(後の山口組七人衆)[2]も田岡一雄の若衆(後に舎弟)になっている。また同年1月には小料理屋「鈴屋」で、山本健一(後の三代目山口組若頭)に盃を与え、自らの若衆としている[3]

昭和25年(1950年)に山田久一の跡を継ぎ若頭となるが、昭和30年(1955年)2月に武夫が田岡によって安原運輸の社長に据えられ、相前後して自らは若頭の職を地道組・地道行雄組長に譲って舎弟に直った。この頃、田岡の港湾事業は磐石なものとなり、山口組興行部のしのぎとともに、山口組が全国展開できるような経済力を持てるようになった。

昭和36年(1961年)5月に山本や美能幸三の仲介で広島市の打越会/打越信夫組長と兄弟盃を交わし、第二次広島抗争の切っ掛けを作る。昭和40年(1965年)からの山口組に対する第1次頂上作戦では、昭和41年(1966年)5月3日に兄・武夫が山口組の企業舎弟/青井照日出らとともに山口組から脱退し、自身も昭和42年(1967年[4]12月15日にヤクザからの引退を表明、安原会を解散した。

エピソード編集

  • 兵庫県警『山口組壊滅史』には、当時田岡よりも知名度のあった安原について、次の様なエピソードがある。戦後無名の三代目組長を諸方の旅館や温泉に同行し、人目に付くように自ら田岡の背中を流し『安原ほどの者に背を流させているのは誰だ』『あれが三代目だそうな』と噂を流して、田岡を立てた。

脚注編集

  1. ^ 出典は、溝口敦『山口組ドキュメント 血と抗争』三一書房、1985年、ISBN 4-380-85236-9 のP.289
  2. ^ 昭和18年(1943年)、岡精義は、神戸港運株式会社を起こし、組長となっていた
  3. ^ 媒酌人は鮎昇政吉。安原武夫、大平一雄(本名は松浦一雄。後の三代目山口組若頭補佐)、小田芳一小田吉一とも名乗った。後の山口組三代目若頭補佐)、山口登の若衆だった藤田仙太郎(元関脇山錦善治郎。本名は山田善治郎)が列席。なお後に山本が昭和32年(1957年)出所すると、田岡から直接盃を受け山本は直参に昇格する。
  4. ^ 出典は、溝口敦『山口組ドキュメント 血と抗争』三一書房、1985年、ISBN 4-380-85236-9 のP.289

参考文献編集