安場 一平(やすば いっぺい、寛文2年(1662年) - 宝永6年2月18日1709年3月28日))は、江戸時代前期の武士熊本藩細川氏の家臣。名前は久幸(ひさゆき)。

熊本藩士の安場源右衛門の子として生まれた。天和元年(1681年)7月に家督を継いで熊本藩の番方に列す。同年11月には小姓組に編入されたが、元禄8年(1695年)11月に小姓を辞任して番方に戻った。元禄9年(1696年)2月に御歩頭に就任した。元禄16年(1702年)2月4日、吉良邸討ち入り赤穂浪士大石良雄の介錯をした。11月には御歩使番に転じた。宝永2年(1705年)、江戸に滞在中に発病し、宝永5年(1708年)5月に番方に戻った。

宝永6年(1709年)2月18日に病死。享年49。安養寺に葬られた。法名は傑心宗英居士。

子孫に明治時代に福岡県愛知県の知事を務めた安場保和がいる。安場家では大石良雄介錯の刀を伝承しており、また赤穂事件に造詣が深く代々義士会に携わり、現在の安場家の当主安場保雅も全国義士会連合会の会長をつとめている。