メインメニューを開く

安定郡(あんてい-ぐん)は、中国にかつて存在した。現在の寧夏回族自治区中南部及び甘粛省平涼市白銀市及び鎮原県一帯に相当する。

漢代編集

前114年元鼎3年)、漢朝により北地郡より分割して設置された。郡治は高平県に置かれ、涼州刺史部の管轄とされた。漢代の管轄県については下表を参照。

漢朝の行政区画変遷
漢書』地理志 後漢書』地理志
高平県
朝那県
臨涇県
三水県
陰槃県
彭陽県
復累県 -
安俾県 -
撫夷県 -
涇陽県 -
鹵県 -
烏氏県 -
陰密県 -
安定県 -
参䜌県 -
安武県 -
祖厲県 -
爰得県 -
眴巻県 -
鶉陰県 -
月氏道 -
烏枝県
鶉觚県

魏晋南北朝時代編集

のとき、安定郡は、臨涇・朝那・烏氏・都盧・鶉觚・陰密・西川の7県を管轄した[1]北魏のとき、安定郡は涇州に属し、安定・臨涇・朝那・烏氏・石堂の5県を管轄した[2]北周の時代には、安定郡の管轄県は安定・烏枝・臨涇・撫夷の4県まで縮小していたが、更に烏枝・臨涇・撫夷の3県が廃止となり、管轄県は安定県の1県のみとなった。

魏晋南北朝時代の行政区画変遷
晋書』地理志 魏書』地形志 涇州 『北周地理志』 『読史方輿紀要』
臨涇県
朝那県
烏氏県 烏枝県
都盧県
鶉觚県
陰密県
西川県
安定県
石堂県
撫夷県

隋代編集

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、安定郡は涇州と改められた。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、涇州は安定郡と改称された。安定・鶉觚・陰盤・朝那・良原・臨涇・華亭の7県を管轄した[3]

唐代編集

618年武徳元年)、薛仁杲を平定すると、安定郡は涇州と改められた。742年天宝元年)、涇州は安定郡と改称された。758年乾元元年)、安定郡は涇州と改称され、安定郡の呼称は姿を消した[4]

脚注編集

  1. ^ 晋書』地理志上
  2. ^ 魏書』地形志二下
  3. ^ 隋書』地理志上
  4. ^ 旧唐書』地理志一