安 成浚(アン・ソンジュン、朝鮮語: 안성준1991年9月16日 - )は、韓国囲碁棋士京畿道平澤市出身、韓国棋院所属、九段。物価情報杯プロ棋戦優勝、Mlily夢百合杯世界囲碁オープン戦ベスト4など。兄は安亨浚五段。

経歴 編集

陽川道場出身。2008年入段。2009年韓国囲碁リーグ出場、名人戦リーグ入り。2010年二段。2011年三段。

2012年物価情報杯決勝で金志錫に2-0で勝ち棋戦初優勝。2013年、物価情報杯ベスト4、名人戦ベスト8、Mlily夢百合杯世界囲碁オープン戦出場、三星火災杯でベスト8進出。2014年百霊愛透杯世界囲碁オープン戦ベスト16。2015年六段、Mlily夢百合杯ベスト4進出し準決勝三番勝負で李世乭に0-2で敗退。

2016年七段。2017年八段。2019年まで兵役[1]。2020年KBS杯準優勝し九段昇段。

韓国棋士ランキングでは2012年末19位。2013年16位、2016年4位。

タイトル歴 編集

他の棋歴 編集

国際棋戦

国内棋戦など

  • KBS杯バドゥク王戦 準優勝 2020年
  • 国手山脈韓国国内トーナメント 準優勝 2021年
  • 韓国囲碁リーグ
    • 2009年(ハイト真露)6-5
    • 2010年(ハイト真露)5-9
    • 2011年(ハイト真露)7-5
    • 2012年(正官庄)11-7
    • 2013年(正官庄)9-4-1
    • 2014年(SKエネルギー)6-7
    • 2015年(SKエネルギー)
    • 2016年(SKエネルギー)12-3
    • 2017年(SKエネルギー)10-6
    • 2020-21年(Kixx)10-4
    • 2021-22年(YOUWHO)6-10
    • 2022-23年(Com2uS Tygem)9-9
  • 中国囲碁リーグ
    • 2014年乙級(安徽華億)5-2
    • 2016年乙級(衢州爛柯)
    • 2017年甲級(上海建橋学院)8-5

編集

参考文献 編集

  • 『囲碁年鑑』日本棋院 2013年

外部リンク 編集