メインメニューを開く

安田 範(やすだ はん、1927年2月22日 - )は、日本政治家日本社会党衆議院議員(1期)。

目次

来歴編集

栃木県宇都宮市出身。1947年早稲田大学専門部法律科卒。同年栃木県庁に入り、地方労働委員会勤務。1951年に退職。1954年社会党に入党。1960年から1年間広瀬秀吉の秘書を務めた。1963年から宇都宮市議を3期、1975年から栃木県議を4期務めた。1990年の総選挙旧栃木1区から立候補して初当選。1993年の総選挙で落選した。のちに2002年から[1]2010年まで[2]栃木県遊技業協同組合理事長を務める。

政策編集

脚注編集

参考文献編集