メインメニューを開く

安藤 信成(あんどう のぶなり、寛保3年2月23日1743年3月18日) - 文化7年5月14日1810年6月15日))は、江戸時代中期から後期の大名。陸奥磐城平藩主。江戸幕府寺社奉行若年寄老中を歴任した。対馬守系安藤家6代。官位は従四位下、対馬守、侍従

生涯編集

美濃加納藩第3代藩主で、陸奥磐城平藩初代藩主。先代の加納藩主・安藤信尹の次男。正室は棚倉藩主・越智松平武元の娘。子は信厚(長男)、重馨(次男)、信邦(三男)。

父の信尹は、乱行が原因で隠居を命じられ、宝暦5年(1755年)に信成が家督を継ぐことになった。懲罰の意味もあって、安藤家は間もなく加納6万5000石より磐城平5万石に減転封させられた。

その後、幕府内では寺社奉行、若年寄を経て、寛政5年(1793年)に老中に就任した。在任中の功績に免じ、没収されていた美濃領のうち1万7000石を加増され、都合6万7000石となる。

藩政として注目すべき点は、磐城平に入封後、藩校施政堂を城下の八幡小路に創設した点である。ここでは漢学四書五経国語、小学、通鑑、習字をはじめ、兵法・洋学が教育された。文化7年(1810年)死去した。長男の信厚を廃嫡し、次男の重馨に家督を継がせた。

略歴編集

関連項目編集