メインメニューを開く

宗正(そうせい)とは、中国の官名である。

秦・前漢編集

九卿の1つ。の官に始まる。皇室親族を管轄し、丞を1人置いた。前漢でも引き続き置かれ、平帝元始4年(4年)に宗伯と改称された。属官には以下のものがある。

  • 司空令 - 司空丞
  • 内官長 - 内官丞
  • 公主家令
  • 門尉

王莽の時代には、宗伯の管轄部門は秩宗(前漢の太常)に吸収された。

後漢編集

後漢では宗正に戻されている。定員1人で、秩禄は中二千石。王国の嫡庶の序列を管轄し、諸宗室の親等の遠近、郡国の存続年を宗室の名籍に計上した。また、皇族の成年が法を犯したときは、まず宗正が諮問してから処罰した。丞を1人置き、秩禄は比千石。属官である公主家令は、各家に1人置かれ、秩禄は六百石。それぞれに丞1人を置き、秩禄は三百石。

参考文献編集