メインメニューを開く
日本料理の定食

定食(ていしょく)は、飲食店等における料理の提供形態の1つ。複数の定まった料理を提供するもの[1]。コース(course)料理やフランス語でmenuムニュともよぶ[1][2][3]対義語は、「一品料理」や「アラカルト(a la carte)」である[4][1][2]

提供場所編集

日本クラウンタクシー友の会というサイトでの定義編集

日本クラウンタクシー友の会というサイトで定食定義研究会というページが存在し修士論文で引用された[9][10]

日本クラウンタクシー友の会というサイトの定食定義研究会ページにおける定食の定義 5条件[9][10]
  1. 白飯、味噌汁、おかず2品以上 (主食、汁、主菜、副菜)
  2. 定食は5種類以上のバリエーションがあること
  3. 内容のわからない定食名は禁止
  4. 「お定食」「○○定」は禁止
  5. 1000円を超えてはならない

全てのお皿が同時に食卓に並ぶという特長がある

種類編集

参考画像編集

脚注編集

  1. ^ a b c 広辞苑第5版
  2. ^ a b リーダーズ英和辞典第2版
  3. ^ a b c 『四季日本の料理 春』講談社 ISBN 4-06-267451-3
  4. ^ 『日本語大辞典』講談社、1989年、1320頁。
  5. ^ a b 『四季日本の料理 夏』講談社 ISBN 4-06-267452-1
  6. ^ 『地球の歩き方 '13~'14 フランス』ダイヤモンド社 ISBN 978-4-478-04350-9
  7. ^ この段落は下記文献による。
    • 日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社、2007年、349-350頁。ISBN 978-4-560-09202-6 
  8. ^ [1]モスバーガー
  9. ^ a b 日本クラウンタクシー友の会 [2]
  10. ^ a b 劉暁嵐、河野宏和、「日本定食チェーン店の海外進出における真の付加価値と伝達方法の考察」 慶応大学 (KBS)経営管理研究科 修士論文 2016年

関連項目編集