メインメニューを開く

寶塚キネマ興行株式會社(たからづかキネマこうぎょう)は、かつて京都に存在した映画会社である[1][2][3][4]高村正次南喜三郎が設立、正映マキノキネマ御室撮影所と、東亜キネマの配給興行網と、阪急電鉄小林一三の資本を仰いで設立されたが、設立わずか半年で経営が崩壊、賃金未払いが起きる[1][2]。設立1年少々で解散した。通称宝塚キネマ(たからづかキネマ)[1]

寶塚キネマ興行株式會社
Takarazuka Kinema Kogyo Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 消滅
略称 寶塚キネマ、宝塚キネマ
本社所在地 日本の旗 日本
616-8021
京都府京都市右京区花園天授岡町14番地
設立 1932年11月
業種 サービス業
事業内容 映画の製作・配給
代表者 社長 南喜三郎
撮影所長 高村正次
従業員数 256名(内女性48名)
主要株主 小林一三
特記事項:略歴
1932年11月 設立
1934年4月10日 解散
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1932年11月 - 設立[1]
  • 1933年2月末 - 経営難による給与遅配・分割支払い始まる[2]
  • 1934年1月21日 - 撮影所休業に入る[2]
    • 同年2月10日 - 争議状態に突入
    • 同年4月10日 - 解散[4]

データ編集

概要編集

 
同社が継承したマキノ・プロダクション御室撮影所(1931年2月の平面図)。
 
同社が解散した翌年の撮影所正門(1935年撮影)

御室撮影所を継承編集

1932年(昭和7年)11月、高村正次が映画製作を断念した東亜キネマを買収、東活映画社の社長を辞任した南喜三郎とともに設立したのが、この「宝塚キネマ興行」である。「御室撮影所」を「宝塚キネマ撮影所」と改称して稼動させた。東亜キネマ、同社の製作を代行した東活映画社、そして正映マキノキネマの残党の受け皿となった[1]。設立第1作は東亜・東活系の堀江大生監督の『敵討愛慾行』で、同年12月15日に公開された。同年内に5本を公開した。

同社の撮影所は、1925年(大正14年)11月3日に開業した京都電燈(現在の京福電気鉄道北野線)の妙心寺駅の北側、大通り(現在の京都府道101号銀閣寺宇多野線)の北側に挟まれた一帯であった。

1933年(昭和8年)7月、賃金未払いが起きて、経営者と従業員が対立する[1]。7月および8月の生産本数が如実に減り、映画館への作品の供給が滞る。1934年(昭和9年)1月14日久保文憲 監督の『霧の地下道』を「大阪パークキネマ」で、後藤岱山監督の『大利根の朝霧』と、そしてついに監督となった高村の初監督作『片仮名仁義』の二本立てを「大阪敷島倶楽部」で公開したのが同社の最終作品となった。25万円(当時)の負債のため、同年1月21日をもって休業に入る[1]

争議と解散編集

所長の高村は新会社設立を発表するが、同年2月5日の時点で不成立であり、同月8日までに1,000円(当時)を調達するということであったが、150円しか調達できず、給料は支払われなかった[3]。同月10日、争議状態に突入、従業員側の代表に撮影技師柾木四平[6]現像部主任の木全俊策が選ばれた[3]。この時点で従業員256名(うち女性48名)、争議参加者は228名(うち女性41名)であった[2]。柾木・木全は名古屋の小林祐蔵(小林キネマ商会)等、外部の債権者等とも交渉を行った[3]。同月12日には、嵐寛寿郎プロダクションからエキストラの発注があり、俳優60名を日当1円50銭で雇い入れた。東京の岩岡商会(岩岡巽)が製作する『乃木将軍』へのスタッフ参加の要請があり、同月13日・14日の両日、60名が撮影に従事し、その受注金額から80銭が分配された[3]

同年4月、従業員代表が俳優の豊島龍平[7]および片山伸二[8]、スタッフの饗庭寅蔵[9]の3人に代り、大阪の堀川興業を含めて交渉に入ったが、同月6日、新京阪電車四条大宮停留所(現在の阪急電鉄京都本線大宮駅)で高村所長の代理と称する正木長四郎と会見、解散手当金1,000円(当時)を調達したのでこれを支給したいとのことであったが、従業員側は所長と直接の交渉を主張、同月9日、京都駅前ステーションホテル(現在のステーションホテル京都)で所長と同様の趣旨の会見を行い、同日16時に全従業員が撮影所に召集され、約60人が集合、解散を言い渡された[4]。翌10日、従業員59名に対し、解散手当金として16円50銭(対象者43名)、7円(同9名)、4円(同7名)がそれぞれが支給され、同社は同日、正式に解散した[4]

解散後編集

同社が使用した「御室撮影所」は、同年9月から、田中伊助が設立したエトナ映画社が稼動、「エトナ映画京都撮影所」と改称した[1]Google ストリートビューによれば、2009年(平成21年)11月時点での同社撮影所跡地は、分割されて住宅地になっている[1][5]

従業員代表を務めた面々のうち、豊島龍平は松竹下加茂撮影所が製作し同年6月28日に公開した『月形半平太』(監督冬島泰三)に出演しており[7]、片山伸二は新興キネマが製作し同年10月15日に公開した『花婿突進』(監督久松静児)した記録が残っており[8]、柾木四平は翌1935年(昭和10年)11月にマキノ正博が設立したマキノトーキー製作所に入社している[6]。解散年まで在籍した監督である仁科熊彦と堀江大生は極東映画[10][11]大江秀夫大都映画[12]、久保文憲こと久保為義はマキノトーキー製作所へ[13]、後藤岱山は同地に残ってエトナ映画社へ[14]と散り散りに移籍して行った。

同社に資本参加した小林一三は、『映画事業経営の話』(1937年)に「撮影所経営はなぜ危険か」の章を設け、同社の失敗に触れている[15]。同社に参加しなかったものの高村を小林に紹介したマキノも戦後、設立当時のことを苦々しく回想している[16]

同社が製作・配給した作品のオリジナルネガ、上映用プリントは現在、一部を除いてほとんど現存していない。東京国立近代美術館フィルムセンターは2014年(平成26年)現在、『孝子五郎正宗』(監督久保文憲、1933年)の33分尺プリント[17]、『韋駄天数右衛門』(監督後藤岱山、1933年)の78分尺プリント[18]、『護持院ヶ原の火華』(監督後藤岱山、1933年)の39分尺プリント[19]、『田宮坊太郎 春風礫の剣法』(監督堀江大生、1933年)の54分尺プリント[20]をそれぞれ所蔵している。マツダ映画社は、『韋駄天数右衛門』の52分尺プリント[21]、『艶姿影法師 前篇・陽炎篇 後篇・蒼弓篇』(監督仁科熊彦、1933年 - 1934年)の53分尺プリント[22][23]を所蔵している。

フィルモグラフィ編集

すべてサイレント映画である。

1932年編集

12月 - 5本

1933年編集

1月 - 8本
  • 人類の道 監督仁科熊彦
  • 乱刃筑波颪 監督大伴麟三
  • 涙の天使 監督米沢正夫
  • 鞍馬獅子 監督大伴麟三
  • 日章旗の下に 監督久保為義
  • 紅騎一番隊 監督後藤岱山
  • 頓珍漢漫遊記 監督堀江大生
  • 港の侠児 監督竹田一夫
2月 - 6本
  • 紅騎二番隊 監督仁科熊彦
  • 突進花嫁 監督大江秀夫
  • 楽園へ帰る夫 監督福西ジョージ
  • 天保捕物鬼譚 監督堀江大生
  • 隠密傀儡師 監督後藤岱山
  • 涙の渡り鳥 監督鈴木日出男
3月 - 8本
  • 時雨の長脇差 監督大伴麟三
  • アリランの唄 監督米沢正夫・久保文憲
  • 白百合の花 監督米沢正夫
  • 江戸姿紫頭巾 監督後藤岱山
  • 空に飛ぶ狼 監督大江秀夫
  • 無敵の渡世師 監督堀江大生
  • 辻占売の少女 監督鈴木日出男
  • 孝子五郎正宗 監督久保文憲 - 東京国立近代美術館フィルムセンターにプリントが現存[17]
4月 - 7本
  • 死の薄化粧 監督久保文憲
  • 天変二筋道 監督堀江大生
  • 嵐の孤児 監督鈴木日出夫
  • 紅騎三番隊 監督後藤岱山
  • 風流上州颪 監督大伴麟三
  • 摩天樓の顔役 監督大江秀夫
  • 侠艶竜虎の渦 監督仁科熊彦
5月 - 3本
  • 牧場の花嫁 監督鈴木日出男
  • 神変稲妻峠 監督大伴麟三
  • 護持院ヶ原の火華 監督後藤岱山 - 東京国立近代美術館フィルムセンターにプリントが現存[19]
6月 - 6本
  • 鳴子八天狗 前篇 監督後藤岱山
  • 宿命に泣く子 監督米沢正夫
  • 港離れて 監督久保文憲
  • 搦操大納言 監督堀江大生
  • 霧の中に立つ女 監督鈴木日出男
  • 謎の道化師 監督大伴麟三
7月 - 3本
  • 鳴子八天狗 飛竜篇 監督後藤岱山
  • 男伊達三度笠 監督堀江大生
  • みすめじの影に 監督鈴木日出男
8月 - 4本
  • 巷説どくろ頭巾 監督仁科熊彦・大伴麟三
  • 三原は晴れて 監督大江秀夫
  • 鳴子八天狗 京洛篇 監督堀江大生
  • 風流やくざ節 前篇 監督仁科熊彦・大伴麟三
9月 - 5本
  • 水郷の唄 監督久保文憲
  • 仮面の紅騎兵 監督堀江大生
  • 快傑荒法師 前篇 監督城戸品郎
  • 神風八幡隊 前篇 監督堀江大生
  • 風流やくざ節 後篇 監督仁科熊彦
10月 - 2本
11月 - 6本
  • 曝走する魔人 監督大江秀夫
  • 艶姿影法師 陽炎篇 監督仁科熊彦 - 一部現存、日本名作劇場が54分のDVDを発売
  • 快傑荒法師 解決篇 監督城戸品郎
  • 鳴子八天狗 完結篇 監督堀江大生
  • 街の艶歌師 監督大江秀夫
  • からくり帖鬼譚 監督後藤岱山
12月 - 2本
不明

1934年編集

1月 - 5本
  • 艶姿影法師 蒼窓篇 監督仁科熊彦
  • 空の潜航艇 監督大江秀夫
  • 霧の地下道 監督久保文憲
  • 片仮名仁義 監督高村正次
  • 大利根の朝霧 監督後藤岱山
  • 田宮坊太郎 春風礫の剣法 監督堀江大生 - 東京国立近代美術館フィルムセンターにプリントが現存[20]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 御室撮影所立命館大学、2008年1月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 宝塚キネマ興業株式会社撮影所 労働争議 1法政大学大原社会問題研究所、2014年4月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e 宝塚キネマ興業株式会社撮影所 労働争議 2, 3, 4、法政大学大原社会問題研究所、2014年5月15日閲覧。
  4. ^ a b c d 宝塚キネマ興業株式会社撮影所 労働争議 6, 8, 9、法政大学大原社会問題研究所、2014年4月15日閲覧。
  5. ^ a b 京都府京都市右京区花園天授ケ岡町14番地Google ストリートビュー、2009年11月撮影、2014年4月15日閲覧。
  6. ^ a b 柾木四平 - 日本映画データベース、2014年4月15日閲覧。
  7. ^ a b 豊島龍平 - 日本映画データベース、2014年4月15日閲覧。
  8. ^ a b 片山伸二 - 日本映画データベース、2014年4月15日閲覧。
  9. ^ 森山[1984], p.284.
  10. ^ 仁科熊彦 - 日本映画データベース、2014年4月15日閲覧。
  11. ^ 堀江大生 - 日本映画データベース、2014年4月15日閲覧。
  12. ^ 大江秀夫 - 日本映画データベース、2014年4月15日閲覧。
  13. ^ 久保為義 - 日本映画データベース、2014年4月15日閲覧。
  14. ^ 後藤岱山 - 日本映画データベース、2014年4月15日閲覧。
  15. ^ 小林[1937], p.6.
  16. ^ マキノ[1977], p.165-166.
  17. ^ a b 孝子五郎正宗東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年9月30日閲覧。
  18. ^ a b 韋駄天数右衛門、東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年9月30日閲覧。
  19. ^ a b 護持院ヶ原の火華、東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年9月30日閲覧。
  20. ^ a b 田宮坊太郎 春風礫の剣法、東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年9月30日閲覧。
  21. ^ 第615回無声映画鑑賞会マツダ映画社、2014年4月15日閲覧。
  22. ^ 艶姿影法師 前篇・陽炎篇 後篇・蒼弓篇、マツダ映画社、2014年4月15日閲覧。
  23. ^ 第626回無声映画鑑賞会、マツダ映画社、2014年4月15日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集