宣州(せんしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から南宋にかけて、現在の安徽省南部に設置された。

魏晋南北朝時代編集

422年永初3年)、南朝宋により設置された南豫州を前身とする。

隋代編集

589年開皇9年)、南朝陳を滅ぼすと、南豫州は宣州と改められた。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、宣州は宣城郡と改称され、下部に6県を管轄した[1]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
南豫州 北江州 揚州 呉州 宣城郡
宣城郡 淮南郡 南陵郡 丹陽郡 陳留郡 呉興郡 宣城県
涇県
南陵県
綏安県
永世県
秋浦県
宣城県
宛陵県
懐安県
寧国県
石埭県
安呉県
涇県
広陽県
逡遒県 南陵県
臨城県
石城県
定陵県
故治県
永世県 石封県
広徳県
故鄣県
安吉県
原郷県

唐代編集

620年武徳3年)、杜伏威を降伏させると、宣城郡は宣州と改められた。742年天宝元年)、宣州は宣城郡と改称された。758年乾元元年)、宣城郡は宣州の称にもどされた。宣州は江南西道に属し、宣城・当塗・涇・広徳・溧陽溧水・南陵・太平・寧国・旌徳の10県を管轄した[2]

宋代編集

のとき、宣州は江南東路に属し、宣城・南陵・寧国・旌徳・太平・涇の6県を管轄した。1166年乾道2年)、宣州は寧国府と改められた[3]

脚注編集

  1. ^ 隋書』地理志下
  2. ^ 旧唐書』地理志三
  3. ^ 宋史』地理志四