メインメニューを開く

室木 洋一(むろき よういち、1927年6月4日 - 2003年12月8日)は日本武道家であり、教育者。戦後、北海道空手を普及した先駆者。

経歴編集

晩年編集

1980年(昭和55年)の和道流、和道会の分裂騒動においては全日本空手道連盟和道会へ所属。北海道大学退官後は、空手道関連の役職から退き、後任に道を譲る。生涯個人の道場を持たず、流派を問わずして空手振興に尽力した。 晩年は、合気柔術の大東流合気柔術幸道会の顧問を務め、空手道では全日本清心会(清心流空手道)技術顧問も務めた。

関連項目編集

外部リンク編集