室賀 満俊(むろが みつとし)は、戦国時代武将江戸幕府旗本

 
室賀満俊
時代 戦国時代
生誕 永禄3年(1560年
死没 寛永3年3月24日1626年4月20日
別名 源七郎、兵庫助
墓所 泉岳寺東京都港区
幕府 江戸幕府旗本、槍奉行
主君 武田勝頼徳川家康秀忠家光
氏族 屋代氏支流室賀氏
父母 室賀満正
兄弟 善龍、屋代正長正武屋代秀正依田九助室、満俊
桜井信忠の娘、飯室昌則の娘
室賀正俊
テンプレートを表示

略歴編集

室賀氏は信濃国更級郡に割拠する豪族。甲斐国戦国大名武田勝頼の家臣だったが、天正10年(1582年)の甲州征伐により武田氏が滅んだ後、兄の正武真田昌幸に謀殺されると徳川家康の下へ降った。天正12年(1584年上杉氏から徳川方へ鞍替えした兄・屋代秀正とともに上杉景勝と戦い、功があったという。天正13年(1585年)秀正とともに虚空蔵山城に入って上杉軍と戦ってこれを撃退した。その後も徳川氏に仕え、慶長19年(1614年)から始まった大坂の陣には冬夏双方に出陣した。元和7年(1621年)には徳川家光の槍奉行となった。没後の家督は秀正の次男・正俊が継承した。

参考文献編集

  • 寛政重修諸家譜』巻第二百三十八(國民圖書、1923年)
  • 太田亮『姓氏家系大辞典』(姓氏家系大辞典刊行会、1936年)