20代 宮坂 伊兵衛(みやさか いへえ、1893年明治26年)9月[1] - 1974年昭和49年)[2])は、日本の実業家政治家長野県諏訪市長(初代)。旧名は宮坂登[1]

来歴編集

長野県諏訪郡上諏訪町(現諏訪市)[2]に、酒造業「大布屋」第19代宮坂伊兵衛有紹の長男として生まれる[1][2]。旧制諏訪中学(長野県諏訪清陵高等学校)を経て、早稲田実業学校卒業[2]。家業・宮坂伊兵衛商店、高島銀行で勤務[2]。1921年(大正10年)第20代伊兵衛を襲名し[1][2]、高島銀行頭取に就任[2]。翌年以降、合併先の第六十三国立銀行八十二銀行の監査役を務めた[2]。1933年(昭和8年)法人化した宮坂醸造の初代社長となる[2]。その他、諏訪倉庫監査役、昭和倉庫監査役なども務めた[1]

1936年(昭和11年)上諏訪町会議員に就任[2]。1941年(昭和16年)8月、市制施行で諏訪市が誕生し、同年11月、初代諏訪市長に推挙された[1][2]。同年12月[注釈 1]林虎雄を市助役に任命するなど、行政組織を確立した[1][2]。1942年(昭和18年)5月に退任し市長を1期務めた[1]

退任後は長野県公安委員会委員、諏訪商工会議所会頭などを歴任した[2]。  

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『長野県歴史人物大事典』689頁では翌年(1942年)。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 『日本の歴代市長 第2巻』270頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『長野県歴史人物大事典』689-690頁。

参考文献編集

  • 『日本の歴代市長 第2巻』歴代知事編纂会、1984年。
  • 『長野県歴史人物大事典』郷土出版社、1989年。