宮坂 勝(みやさか まさる、1895年1月1日 - 1953年4月10日)は、明治から昭和にかけての洋画家

長野県南安曇郡倭村 (長野県南安曇郡)(現松本市)生まれ。旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校)を経て1919年東京美術学校(現:東京藝術大学)西洋画科卒業。1923年フランスに留学し、オトン・フリエスに師事、1927年帰国。母校中学の美術教師となった。 その後国画創作協会展(国画会)に作品の出品を勧められ出品。第6回展にて奨励賞を受賞[1]、同会会員となる。1931年帝国美術学校(現:武蔵野美術大学)教授となり、後進の指導とともに、油絵の普及に努めた。1945年戦災で東京の自宅を焼失し、生家へ疎開。1946年信州美術会(長野県展の団体)を結成し幹事、審査員となり、郷里の美術の発展に尽くした。

脚注編集

参考文献編集

  • 『長野県歴史人物大事典』 郷土出版社、1989年

外部リンク編集