メインメニューを開く

宮崎十三八(みやざき とみはち、1925年大正14年) - 1996年平成8年)5月)は、日本の郷土史家。福島県会津若松市生まれ。旧制新潟高等学校文科卒業。会津若松市商工観光部長。会津史学会会長、顧問。会津史談会相談役。

著書編集

  • 『私の城下町 会津若松』国書刊行会 1985
  • 『少年白虎隊 絵物語 戊辰戦争に散った少年たちの物語』歴史春秋出版 1987
  • 『会津地名・人名散歩』歴史春秋出版 1989
  • 『会津人の書く戊辰戦争恒文社 1993
  • 『会津の史的な風景』歴史春秋出版 1993
  • 『手作り会津史』歴史春秋出版 1995
  • 『会津の観音巡礼』恒文社 1996
  • 『会津の古寺巡礼』恒文社 1996 

共編著編集

  • 『遥かなるゴールドヒル 若松コロニーの跡をたずねて』編 おけい墓参団 1980
  • 『会津戊辰戦争史料集』編 新人物往来社 1991
  • 『物語・妻たちの会津戦争』編 新人物往来社 1991
  • 保科正之のすべて』編 新人物往来社 1992
  • 幕末維新人名事典』安岡昭男共編 新人物往来社 1994

参考編集

  • 『会津の観音巡礼』著者紹介