家訓(かくん)は、公家武家、さらに時代が下って江戸時代になってからは商家でも、その家を守り立て存続させていくために、子孫の戒めとしてその家の当主が書き残して与えたもの。

目次

歴史編集

もともと平安時代に、学識のある公家の家から始まったといわれるが、手本となるものはすでに中国にある。顔氏家訓など、中国の家族道徳を反映したものが、日本に移植されたともいわれる。

武家の家訓編集

家訓には大事な一言だけの座右の銘のようなものも少なくない。

商家の家訓編集

学者・文人の家訓編集

社訓編集

今日では、創業者、もしくはそのグループ一代で会社の礎を立ち上げたような企業、あるいは家族経営でその社風を作ってきた会社などには、社訓というかたちでこれがある。家憲、社是という言い方もある。

参考文献編集

  • 桑田忠親 『武士の家訓』 講談社学術文庫、2003年12月ISBN 978-4061596306
  • 山本眞功 『商家の家訓―商いの知恵と掟』 青春新書、2005年12月ISBN 978-4413041331

関連項目編集