メインメニューを開く

富士宮中継局

富士宮中継局(ふじのみやちゅうけいきょく)は、静岡県富士市に置かれているテレビとFMラジオ放送の中継局。なお、ここでは富士宮市に置かれている芝川テレビ・FM中継局SBS富士宮ラジオ中継局についても記載する。

目次

富士宮テレビ・FM中継局編集

所在地編集

デジタルテレビ放送編集

リモコン
番号
放送局名 チャンネル
番号
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1 NHK静岡
総合
24 10W 39W 水平偏波 静岡県 約43,000世帯 2006年
9月15日[1]
2 NHK静岡
教育
14 全国
4 SDT
静岡第一テレビ
25 42W 静岡県
5 SATV
静岡朝日テレビ
23
6 SBS
静岡放送
21
8 SUT
テレビ静岡
22

放送エリア編集

  • 富士宮市、富士市、富士川町(現・富士市)及び静岡市清水区の各一部[3][4]

FMラジオ放送編集

周波数
MHz
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
85.8 K-mix
静岡エフエム放送
100W 450W 水平偏波 静岡県 約106,000世帯 -

アナログテレビ放送編集

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
27 SDT
静岡第一テレビ
映像100W/
音声25W
映像380W/
音声96W
水平偏波 静岡県 約-世帯 1979年6月30日[5]
29 SATV
静岡朝日テレビ
映像390W/
音声97W
1978年9月22日[6]
39 SUT
テレビ静岡
1969年
12月5日[7]
6 → 41[注 1] SBS
静岡放送
1960年9月21日[8]
4 → 52[注 2] NHK静岡
総合
映像360W/
音声91W
1960年6月20日[10]
8 → 54[注 2] NHK静岡
教育
全国 1962年3月3日[11]
  • NHKの開局時の中継局名は「吉原中継局」[10][11]

歴史編集

  • 2006年
  • 2011年7月24日 - 正午をもってアナログテレビ放送が終了し、デジタルテレビ放送に完全移行した。

芝川テレビ・FM中継局編集

所在地編集

  • 富士宮市羽鮒(羽鮒山)

FMラジオ放送編集

周波数
(MHz)
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
84.9 NHK静岡
FM
10W 10W 水平偏波 静岡県 約35,000世帯 1969年3月1日[12]
1968年2月25日[13][注 3]
85.8 K-mix
静岡エフエム放送
-
  • K-mixは、2004年4月4日をもって現在地に移転し、空中線電力を100Wに増力した。

アナログテレビ放送編集

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1 NHK静岡
総合
映像3W/
音声-W
映像-W/
音声-W
垂直偏波 静岡県 約-世帯 1966年7月2日[14]
3 NHK静岡
教育
全国
12 SBS
静岡放送
静岡県 1966年7月1日[8]
  • 全局2011年7月24日をもって放送終了。尚、デジタル放送は富士宮局、白糸局静岡親局によってカバーされている[15][16]

SBS富士宮ラジオ中継局編集

所在地編集

  • 富士宮市外神[17]

送信設備編集

周波数
kHz
放送局名 空中線
電力
放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1557 SBS
静岡放送
100W 静岡県 約-世帯 -

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 1974年3月31日に変更[8]
  2. ^ a b 1974年3月に変更[9]
  3. ^ 括弧内は実用化試験局としての運用開始日。

出典編集

  1. ^ a b c 東海地区の開局状況(静岡県)(総務省東海総合通信局)
  2. ^ 2万5千分の1地形図「入山瀬」(国土地理院)
  3. ^ a b 地上デジタルテレビジョン放送局(富士宮中継局)の予備免許(報道資料2006年7月26日)(総務省東海総合通信局)
  4. ^ a b 地上デジタルテレビジョン放送局(富士宮中継局)の免許(報道資料2006年9月14日)(総務省東海総合通信局)
  5. ^ 静岡第一テレビ社史編纂室 編纂 『静岡第一テレビ十年史』 静岡第一テレビ、1991年、279頁。 
  6. ^ 二十年史編集事務局 編 『明日へ翔ぶ : 静岡朝日テレビ二十年史』 静岡朝日テレビ、1998年、328頁。 
  7. ^ テレビ静岡社史編纂委員会/編 『テレビ静岡二十年の歩み』 テレビ静岡、1988年、301頁。 
  8. ^ a b c 静岡放送50年史編纂委員会/編 『静岡放送50年史』 静岡放送、2002年、256頁。 
  9. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'74』 日本放送出版協会、1974年、197頁。 
  10. ^ a b 日本放送協会 編 『NHK年鑑1962』 日本放送出版協会、1961年、377頁。 
  11. ^ a b 日本放送協会 編 『NHK年鑑1962 No.2』 日本放送出版協会、1962年、242頁。 
  12. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'69』 日本放送出版協会、1969年、225頁。 
  13. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'68』 日本放送出版協会、1968年、242頁。 
  14. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'67』 日本放送出版協会、1967年、209頁。 
  15. ^ アナログ放送中継局に対応するデジタル放送中継局一覧(静岡県)(NHK分、最終更新2009年9月30日)(総務省)
  16. ^ アナログ放送中継局に対応するデジタル放送中継局一覧(静岡県)(SBS分、最終更新2009年9月30日)(総務省)
  17. ^ 2万5千分の1地形図「上井手」(国土地理院)