メインメニューを開く

富山 弥兵衛(とみやま やへえ、天保14年(1843年) - 明治元年閏4月1日1868年5月22日))は、新選組隊士、御陵衛士。通称は弥兵衛、四郎。諱は豊国。

目次

来歴編集

1843年、薩摩藩士の子弟として生まれる。でっぷりと太っていたらしい。1864年、新選組に加盟して七番大砲組に属し、翌1865年には伍長をつとめた。のち、伊東甲子太郎らと共に御陵衛士結成に参加する。油小路事件では新選組との乱闘の末現場を脱出し、のちに薩摩藩に匿われた。のち、伏見街道阿部十郎ら御陵衛士残党と共に近藤勇を襲撃した。(黒染事件[1]

戊辰戦争では薩摩藩に属し、鳥羽・伏見の戦いに薩摩藩兵として参加。越後出雲崎にて会津藩の動向探索に従事したが、水戸諸生党に捕らえられ、一時は逃走したものの、失敗して1868年の閏4月に殺害された。その首は鳩首されたが、捨札には「後世諸士ノ亀鑑大丈夫ノ士(=後世の武士諸君の手本となる大丈夫の士)」と勇戦をうたわれた。享年26。

辞世の句では「から人は死してぞ止まめ我はまたなな世をかけて国につくさん」と書かれている

備考編集

  • 新選組加盟は、内田政風が間者として送り込ませて加盟したとされる[要出典]。加盟を前に薩摩藩出身を理由として密偵の嫌疑をかけられたが、伊東が取りなしたため加盟が許されたとされる。
  • 殺害された富山は全身約50ヶ所を串刺しにされたと伝わる[要出典]。遺体は戦線にて埋葬されたが、のち新潟県上越市高田に合装墓が造られたという。のち、靖国神社に祭祀された。

小説編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 御陵衛士列伝 富山弥兵衛”. www4.plala.or.jp. 2018年9月8日閲覧。

参考文献編集