メインメニューを開く
富田愛次郎

富田 愛次郎(とみた あいじろう、1885年明治18年)12月 - 1954年昭和29年)11月3日)は、日本の内務官僚政治家県知事衆議院議員

経歴編集

愛知県出身。富田治郎右衛門の三男として生まれる。第四高等学校を経て、1913年京都帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。1912年11月、文官高等試験行政科試験に合格。大学卒業後、内務省に入り京都府属となる。

以後、京都府警視埼玉県理事官、同視学官[1]、内務省警保局事務官兼内務書記官、社会局第一課長、同書記官、同労働部長、同社会部長、中央職業紹介事務局長などを歴任。

1935年1月、三重県知事に就任。1937年1月、広島県知事に転じた。1938年11月、同県知事を辞し退官。1942年4月の第21回衆議院議員総選挙愛知県第三区に翼賛政治体制協議会推薦(中立) で出馬し当選。のち、日本進歩党に所属し、衆議院議員を一期務めた。その後、公職追放となった[2]

その他、恩賜財団軍人援護会理事長、厚生省委員、中国合同電気山陽配電・広沢製作所・鐵興社の各取締役などを歴任。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第1375号、大正6年3月5日。
  2. ^ 公職追放の該当事項は「推薦議員」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、673頁。NDLJP:1276156 
  3. ^ 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。