メインメニューを開く

(つかさ・りょう)は律令制における役所の種類である。また、そこで働く官司たちを意味することもある。

目次

中国編集

古代中国に由来し、朝の卿事寮(けいじりょう)と太史寮(たいしりょう)が記録に残る。

卿事寮は一般立法行政を担う機関であった[1]。また、太史寮は宮廷内の祭祀をつかさどった機関とみられている[1]

日本編集

機能編集

寮はと共に主に、省(中務省式部省治部省民部省宮内省)のもとで事務を行った。

重要な部署が多く、廃止されたのはわずかに一つ(散位寮)しかない。

左・右馬寮左・右兵庫のように独立した寮もある。左・右兵庫は普通、寮を語尾につけない。

大寮と小寮編集

職員数や官位によってさらに2等級に分類できる。

四等官編集

基本職員である四等官はそれぞれ

  1. (長官)
  2. (次官)
  3. (判官)
  4. (主典)

とあらわす。

大寮の官位編集

  1. 頭(従五位上
  2. 助(正六位下
  3. 大允(正七位下
  4. 少允(従七位上
  5. 大属(従八位上
  6. 少属(従八位下

小寮の官位編集

  1. 頭(従五位下
  2. 助(従六位上
  3. 允(従七位上)
  4. 大属(従八位下)
  5. 少属(大初位上

寮の一覧編集

大寮編集

少寮→大寮編集

小寮編集

脚注編集

  1. ^ a b 吉田光邦『中国科学技術史論集』日本放送出版協会、1972年、116頁。

関連項目編集