寺嶋 英志(てらしま ひでし、1941年 - )は、日本科学関連分野の男性翻訳者

てらしま ひでし
寺嶋 英志
生誕 1941年????
日本の旗 日本
出身校 京都大学
職業 科学者・翻訳家
子供 井嶋ナギ

経歴編集

1941年、旧満州奉天)生まれ。京都大学大学院理学研究科博士課程修了。海外での石油探鉱開発の仕事に約30年間従事したのち、浜松大学非常勤講師、日本エネルギー経済研究所客員研究員を勤め、一般科学書の翻訳を行う。白亜紀の終幕の論争の跡を克明にたどり科学革命=パラダイムシフトの瞬間を生々しく描き出した『白亜紀に夜がくる』の翻訳をはじめとし、数学物理自然科学全般にわたる幅広い翻訳書がある。

作家の井嶋ナギは娘。

翻訳編集

  • 白亜紀に夜がくる―恐竜の絶滅と現代地質学 /ジェームス・ローレンス・パウエル James Lawrence Powell(共訳 瀬戸口 烈司 青土社 2001)
  • 見えざる敵ウイルス―その自然誌 /ドロシー・H. クローフォード、Dorothy H. Crawford(青土社 2002)
  • 時間とは何か /チャールズ・H. ホランド、Charles Hepworth Holland(青土社 2002)
  • ファイア 火の自然誌 /スティーヴン・J. パイン、Stephen J. Pyne(青土社 2003)
  • エネルギーの発見 /キース・J. レイドラー Keith J. Laidler(青土社 2004)
  • プリンストン高等研究所物語 /ジョン・L. カスティ、John L. Casti(青土社 2004)
  • 宇宙はなぜ美しいのか―科学と感受性 /キース・J. レイドラー、Keith J. Laidler(青土社 2005)
  • 宇宙がわかる17の方程式―現代物理学入門 /サンダー バイス、Sander Bais(青土社 2006)
  • 世界でもっとも美しい10の数学パズル /マーセル・ダネージ Marcel Danesi(青土社 2006)
  • 数をめぐる50のミステリー/ジョージ・G・スピロ(青土社 2007)
  • 数が世界をつくった―数と統計の楽しい教室 /I.バーナード コーエン、I.Bernard Cohen(青土社 2007)
  • 現代物理学がわかる10章 /メンデル・サックス(青土社 2008)
  • 数学の20世紀―解決された30の難問 /ピエルジォルジョ オディフレッディ、Piergiorgio Odifreddi(青土社 2009)
  • 数学オリンピックチャンピオンの美しい解き方 /テレンス・タオ(青土社 2010)
  • 数と正義のパラドクス 頭の痛い数学ミステリー /ジョージ・G・スピロ(青土社 2011)

脚注編集

[脚注の使い方]