寺田 一壽男(てらだ いすお、1924年 - 2005年2月11日)は、北海道の元地方公務員・学校経営者北海道生まれ。「寺田一寿男」とも表記される。

1947年北海道帝國大學農学部卒。同年、北海道庁入庁。その後、同庁企画部長、同庁生活環境部長、同庁総務部長を経て、1977年北海道副知事に就任(知事堂垣内尚弘)。1983年北海道庁退官。同年、北海道信用保証協会会長(1995年(平成7年)まで)。1991年、東日本学園大学(現北海道医療大学)を運営する学校法人東日本学園大学の理事。1994年(平成6年)北海道拓殖銀行監査役1997年(平成9年)まで)・北海道電力株式会社監査役(2003年(平成15年)まで)。 1995年(平成7年)学校法人東日本学園理事長(2005年まで)。2005年、心不全のため80歳で死去。

エピソード編集

堂垣内尚弘が体調を崩したため、理事長を辞任するにあたって、堂垣内の信任が厚かった寺田を後任とするよう指名したという[1]

受賞歴編集

勲三等旭日中綬章(1995年)

参考文献編集

  1. ^ 『北海道人物・人材情報リスト2004 か-と』(日外アソシエーツ編集・発行、2003年)
先代:
堂垣内尚弘
学校法人東日本学園理事長
第4代: 1995年 - 2005年
次代:
廣重力