メインメニューを開く

対々和

麻雀の上がり役のひとつ

対々和(トイトイホー)とは、麻雀におけるのひとつ。刻子を4つ作って和了した場合に成立する(槓子が含まれていてもよい)。門前でも2飜、副露しても2飜で、喰い下がりしない。対々(トイトイ)とも呼ばれる。

概要編集

4つの刻子がそれぞれ暗刻であるか明刻であるかを問わないため、2飜役の中でも作りやすい部類に属する。大抵は1つ2つ鳴いて手を作ることになるが、鳴き過ぎて手牌が短くなると防御が効きにくくなり、リーチに追いつかれて放銃するといった展開になることも少なくない。4副露して裸単騎にするなど、あまり格好の良い戦略ではないとされる。

逆に、稀にではあるがメンゼン聴牌に至ることもある。手の内に3つ暗刻ができていてシャンポン待ちになっている場合、ツモ和了すれば四暗刻という役満になる。一方ロン和了の場合は、最後に完成した刻子が明刻扱いとなるため、四暗刻にはならず三暗刻+対々和どまりである。4つの刻子がすでに手の内で完成している場合は四暗刻単騎となるので、門前での対々和が成立するのはこの「ツモり四暗刻のテンパイからロン和了したケース」だけである。その場合は、必然的に三暗刻が複合するため、実質4飜役であるといえる。

定義上順子系の役とは複合しないため、対々と複合する役は限られている。しかし役牌ドラと組み合わることで労せずして満貫・跳満の得点につながることも多い。頻繁に見られるのは役牌との複合だが、ダブ東やダブ南といった連風牌は効果的である。これにドラが加わればそれなりに強力な和了になる。混一色清一色三暗刻、あるいはタンヤオとの複合も可能で、この場合もやはりドラの有無が手作り・得点のキーポイントになる。まれに三槓子とも複合するが、滅多に見られない(槓子が4つできれば四槓子という役満になり対々和は消える)。なお、混老頭字一色七対子の形でなければ必ず対々の形になり、清老頭は使用可能な牌種が6種類しかなく、順子が使えないことから必ず対々の形になる。

牌姿の例編集

(例)副露したケース

                   
待ちは  のシャンポン。

(例)メンゼンのケース

             
これも  のシャンポン待ち。上の例と同じ牌構成だが、門前でのテンパイであり、ツモ和了すれば四暗刻になる。ロン和了だった場合は最後の刻子が明刻扱いとなるため四暗刻は成立せず、和了役は対々和・三暗刻となる。

(例)対々にならない待ちがあるケース

             
この手は一見  のシャンポンに見えるが、実際には   待ちである。
萬子部分を下図のように分解してみると、
                
単純なシャンポン待ちではなく  リャンメン待ちにもなっていることが分かる。 が待ちに含まれることに気付かず自ら切ってしまっていたり見逃してしまっている場合、それぞれフリテンあるいはリーチ後のフリテン同巡内フリテンになってしまうので注意が必要である。
また、このような牌姿は得点的にも落差が大きく、  をツモれば四暗刻になるが、 のロン和了ではタンヤオ+一盃口で2飜40符、子2600点/親3900点にしかならない。

関連項目編集