メインメニューを開く

混一色(ホンイーソー)とは、麻雀におけるのひとつ。萬子索子筒子のどれか一種と、字牌だけを使って和了ったときに成立する。門前で3翻、副露2翻。ホンイツあるいはホンイチとも呼ばれる。

概要編集

役牌ドラ対々和との複合が容易で、満貫以上の大物手になりやすい中堅どころの役と言える。門前の混一色は「メンホン」あるいは「タテホン」と呼ばれ、立直との複合も少なからず見られる。逆に役牌もドラもなく、副露を多用して作ったホンイツのみ2翻の手は「バカホン」(馬鹿混)と呼ばれる[1][2][3]

一つの色のみで手を作るため、捨牌に偏りができてしまい、染め手であることを見破られやすい。とはいえ両面以上の良形テンパイになることも多く、字牌とのシャンポン待ちに構えることもできる、使い勝手の良い役であると言える。多くの役と複合可能な役であり、得点力があるため、点棒状況や配牌如何で意図的に狙うことも多い。

混一色の上位役は清一色であるが、ホンイツ自体が既に充分形であるため、ホンイツからチンイツへ移行することはあまりない。また、チンイツやホンイツを「一色手」「染め手」と言い、これらを狙って手作りすることを「染める」と言う。なお、  を刻子もしくは雀頭とし、残りの面子を           のいずれかで作った混一色は、混一色ではなく緑一色という別の役(役満)として扱われる。

牌姿の例編集

(例)風牌の刻子があるケース

             
  のシャンポン待ち。ここで、 連風牌であるケース、1翻の役牌(場風牌または自風牌)であるケース、オタ風であるケースが考えられる。この形で最も強力なのは が連風牌で で上がった場合で、役牌としての3翻がつく。逆に がオタ風で で上がった場合は役牌による翻数は得られない。

(例)一気通貫・役牌との複合

             
   の三面張。 一気通貫が付く。

(例)平和との複合

             
  待ち。雀頭がオタ風であれば、平和との複合も可能である。この例では一盃口も付いている。

(例)対々和・役牌との複合

                
対子が多ければ、鳴いていって対々和にすることもできる。1副露のこの牌姿では、ツモ和了することで三暗刻も付く。 を自力で引きあがれば倍満まである。

(例)七対子との複合

             
点棒状況からどうしても跳満あるいは倍満を作りたい時、鳴ける牌をすべて見送ってメンホン七対子を狙うことがある。メンホン七対ならリーチをかけてちょうど跳満になる。さらにドラを含んでいれば倍満となり、無理矢理ドラ単騎のリーチをかけることもある。

(例)多面張のケース

             
牌の寄り次第で、メンチンなみの多面張になることもある。
この例は          の八面張。ここまで広くはならずとも、
       の変則三面張(エントツ待ち)や、
       の四面張などはざらにできる。

(例)バカホンのケース

                
  待ちだが、ツモの場合、混一色のみの30符2翻で子2000点。ロンの場合かつ雀頭が飜牌でない場合、20符2飜で子1300点(食い平和形の特例として30符とするルールを認めない場合)、これは混一色としては最低点である。

(例)メンチン一向聴のケース / 南1局の南家

             
 待ちだが、このままロン和了してもメンホンのみの5200点止まりである(雀頭が飜牌の場合は、6400点)。
萬子であれば次に何をツモってきてもメンチンの好形テンパイになる形なので、ここで に対してロンを掛けるかどうか、見逃して萬子引きを待つかどうかは、人それぞれ・状況次第である。

脚注編集

  1. ^ [用例] 日本プロ麻雀連盟/灘麻太郎. “勝ちに向かう打法12 / 2.「バカホンはスピードで勝負」”. 2012年12月11日閲覧。 (WEB魚拓)
  2. ^ [定義] Maru-Jan. “いまさら聞けない麻雀用語”. 2012年12月11日閲覧。 (WEB魚拓)
  3. ^ [定義] 浅見了. “一般役12・混一色”. 2012年12月11日閲覧。 (WEB魚拓)

関連項目編集