メインメニューを開く

専修学校ロシア極東大函館校

専修学校ロシア極東大函館校(せんしゅうがっこうロシアきょくとうだいはこだてこう、旧称:専修学校ファーイースタンステイトユニバーシティ函館校、通称:ロシア極東連邦総合大学函館校)はロシア連邦ウラジオストクにある極東連邦大学Дальневосто́чный федера́льный университе́тDal'nevostochnyj federal'nyj universitet、ДВФУ、DVFU)の分校であり、日本で唯一のロシア国立大学の分校でもある。1994年平成6年)に設立された。 当校のロシア語名は「Филиа́л Дальневосто́чного госуда́рственного университе́та в г. Хакода́теFilial Dal'nevostochnovo gosudarstvennovo universiteta v g. Hakodate」。

専修学校ロシア極東大函館校

専修学校ファーイースタンステイトユニバーシティ函館校.JPG

学校種別 私立
設置者 学校法人函館国際学園
設置年月日 1994年4月
本部所在地 040-0054
北海道函館市元町14-1
学科 ロシア地域学科(4年制)
ロシア語科(2年制)
ウェブサイト 専修学校ロシア極東大函館校
Portal.svg Portal:教育
Project.svg プロジェクト:学校/専修学校テンプレート
テンプレートを表示

所在地は〒040-0054 北海道函館市元町14-1。

概要編集

日本では学校法人函館国際学園がこの学校を運営しているが、理事長はロシア本校の学長クリーロフ・ヴラディーミルが兼任している。また、日本の文部科学省では、専修学校及び外国大学の日本校として登録されているが、ロシア連邦教育科学省にはロシアの国立大学として登録されている。

2005年(平成17年)度からロシア地域学科を卒業した学生に高度専門士の称号と日本の大学院への入学資格が授与されている。

また、2006年(平成18年)6月23日付けで文部科学省より「外国大学の日本校」として指定された。これによって、日本の大学との編入学や転学・単位互換が認められることになった。

このほか、ロシア地域学科を卒業した学生には、極東国立総合大学よりロシア連邦教育科学省認定の卒業証書およびロシアの学士号が授与される。

2007年(平成19年)4月1日付で校名が「専修学校ファーイースタンステイトユニバーシティ函館校」から「専修学校ロシア極東大函館校」に改称された。

学科編集

  • ロシア地域学科(4年制)
  • ロシア語科(2年制)

学校生活編集

教育編集

  • 授業
ロシア本校より派遣されたロシア人教授を中心に独自の教授法とカリキュラムで、実用的なロシア語と専門知識のバランスよい習得を目指している。
  • テルキ
2000年(平成12年)度から当校でロシア連邦教育科学省認定の「ロシア語能力検定試験Типовой тест по русскому языку как иностранному、通称:テルキ、ТРКИ)」という試験を受けることが出来るようになった。この検定試験は、ロシアの大学への入学・編入および大学院への入学を希望する外国人に受験が義務付けられている。ロシア版TOEFLといったところである。また、この検定試験は、当校のほか札幌大学日本対外文化協会でも受験することができる。
  • 海外留学
ロシア地域学科の学生は3年次に3ヶ月間、ロシア語科の学生は2年次に1ヶ月間、ロシア本学附属の「外国人のためのロシア語学校」に語学留学する。(全員)

学校祭編集

  • はこだてロシアまつり
毎年、当校主催で「はこだてロシアまつり」が開催される[1][2]。第15回まで7月に行われていたが、第16回より2月に変更された[3]。学生にとってこのイベントは学校祭のようなものである。このイベントにはロシア料理が食べられるレストランやカフェ、ロシアの民芸品やお菓子などが買える売店、ロシアの民族衣装を着ての写真撮影など様々なコーナーがあり、中にはチェスができるものもある。例年この時期にはロシア本校からの留学生も来ているので、学生と留学生が力を合わせて、お祭りに備えることになる。
  • マースレニッツァ
マースレニッツァru)とは春の到来を祝うお祭りである。このイベントは毎年2月の中旬に行われるロシア語弁論大会の直後に催され、学生たちはシャシリク(ロシア風バーベキュー)や、ブリヌィ(ロシア風クレープ)を食べ、冬の女王であるモレーナru)に扮した藁人形を燃やし、春の神「ヤリロ」の復活を祝う。(参考:スラヴ神話)また、先に行われた弁論大会の結果発表もこの時にされる。2014年より、「はこだてロシアまつり」の一部として開催されている[3]

アクセス編集

JR函館本線函館駅下車、バス、または市電に乗り換える。

路面電車編集

路線バス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2011はこだてロシアまつりのお知らせ”. ロシア極東連邦総合大学函館校. 2011年6月7日閲覧。 2011年は7月16日開催
  2. ^ 第17回はこだてロシアまつり 「春の始まり」”. ロシア極東連邦総合大学函館校. 2015年2月3日閲覧。 2015年は2月11日開催予定である。
  3. ^ a b 第16回 はこだてロシアまつり「冬を燃やせ!」”. ロシア極東連邦総合大学函館校. 2015年2月3日閲覧。

外部リンク編集