メインメニューを開く

スラヴ神話(スラヴしんわ、Slavic mythology)とは、9世紀頃までにスラヴ民族の間で伝えられた神話のことである[1]

目次

概要編集

スラヴ民族は文字を持たなかったため、伝えられた神話を民族独自に記録した資料は存在しない[2]。スラヴ神話が存在した事を記す資料として、9世紀から12世紀の間に行われたキリスト教改宗弾圧の際の「キリスト教」の立場から記された断片的な異教信仰を示す内容の記述が残るのみである[1]

スラヴ神話は地方により様々なバリエーションがあった[1]ことが近年の研究により明らかになっている。

スラヴ神話の神々編集

東スラヴの神々編集

原初年代記(過ぎし年月の物語)』という資料には、東スラヴに伝わった神々に関する記述がある。それによれば、980年頃、ヴラジーミルが宮殿近くの丘に下記の6柱の神々の像を設置させたという[3]

他に、以下の神々も知られている。

西スラヴの神々編集

西スラヴで信仰されていた主要な神々は、『スラヴ年代記』などの資料に十柱ほどが記録されている[5]。この地域では軍神が主に信仰されていた[6]

南スラヴの神々編集

南スラヴでは下記の神が知られている[7]

英雄の神格化編集

歴史上の英雄を神格化したと考えられている下記の神々も知られている[7]

民間信仰編集

10世紀にスラヴにおいてキリスト教への改宗が進められ、主要な神々(神格)への信仰が失われた。しかし下記のような「小神格(ディイ・ミノーレス)」については、キリスト教徒となったスラヴ人の生活の中に民間信仰として残ってきた[8]。これらは自然現象などに由来した精霊と考えられている[7]

さらに、下記のような存在は昔話にも登場する[7]

スラヴの民間伝承で特に有名なのは、吸血鬼人狼に関するものである[10]

スラヴ神話の研究編集

スラヴ神話の研究は19世紀半ば頃からロシア神話学派と呼ばれる一連の研究者らの手によって開始された[7]1960年代以降より、ロシアの言語学者イワーノフトポロフトルストイロシア語版ウスペンスキー英語版、考古学者ルイバコフ英語版、叙事詩研究者メレチンスキー英語版らによって古代スラブの神話世界を再構築しようとする試みが行われている[7]その他の研究者に、ロマーン・ヤーコブソンがいる。[要出典]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 坂内 2004 p. 400.
  2. ^ 伊東 2002, p. 51.
  3. ^ ワーナー 2004, pp. 7-8.
  4. ^ 和田 1997, pp. 151-152.
  5. ^ 和田 1997, p. 152.
  6. ^ 伊東 2002 , p. 54.
  7. ^ a b c d e f 坂内 2004 p. 401.
  8. ^ アレグザンスキー 1993, p. 26.
  9. ^ アレグザンスキー 1993, pp. 19-20.
  10. ^ 伊東 2002 p. 58.

参考文献編集

  • アレグザンスキー, G 「スラヴの神話」『ロシアの神話』 ギラン, フェリックス編、小海永二訳、青土社〈シリーズ 世界の神話〉、1993年10月、新版、pp. 5-92。ISBN 978-4-7917-5276-8
  • 伊東一郎 「スラヴの神話伝説」『世界の神話伝説 総解説』 吉田敦彦他共著、自由国民社〈Multi book〉、2002年7月、改訂増補版、pp. 51-61。ISBN 978-4-426-60711-1
  • 坂内徳明 「スラヴ神話」『新版 ロシアを知る事典』 川端香男里他監修、平凡社、2004年1月、pp. 400-401。ISBN 978-4-582-12635-8
  • 和田義浩 「スラヴ神話」『世界の神話がわかる 〈民族の聖なる神と人の物語〉を探究する!』 吉田敦彦監修、日本文芸社〈知の探究シリーズ〉、1997年8月、pp. 146-152。ISBN 978-4-537-07811-4
  • ワーナー, エリザベス 『ロシアの神話』 斎藤静代訳、丸善〈丸善ブックス 101〉、2004年2月。ISBN 978-4-621-06101-5

関連図書編集

関連項目編集

外部リンク編集

CiNii PDF - オープンアクセス