メインメニューを開く

尊秀王(たかひでおう / そんしゅうおう、永享12年(1440年)? - 長禄元年12月2日1457年12月18日))は、南朝の再建を図った後南朝の指導者。北山によったので便宜上、北山宮とも称する。地元住民の間では自天王(じてんのう)[1]の名が伝えられ、こちらの方が有名である。地元に伝えられる位牌には北山宮を自天勝公と、弟河野宮を忠義禅定と称している。また、「尊秀」なる実名は後世の系図類によるもので、信ずるに足りない部分もあるが、禁闕の変の首謀者の一人に後鳥羽天皇の末裔と称した源尊秀(みなもと たかひで)という人物がいたとされ、尊秀王の晩年を考えればこれは同一人物とも考えられる。

目次

生涯編集

出身や生涯のほとんどについては不詳である。後世の系図によれば父は金蔵主(尊義王、空因)といわれている。その金蔵主は後亀山天皇の弟(護聖院宮惟成親王)の孫ともいわれるし、後亀山天皇の皇子(小倉宮良泰親王)の子ともいわれる。ただし、中村直勝はそもそも北山・河野両宮が皇胤であることすら疑っているし、芝葛盛康徳記に見える梵勝梵仲兄弟であろうとしている(「勝」・「忠」の字が一致している)。村田正志は上北山村竜泉寺にもと安置されたものとおぼしき、伝後醍醐天皇御木像をおさめた厨子の大祓祝詞の奥書により、宮は長慶天皇三世孫だろうと推定している。森茂暁は『南方御退治条々』に記されている、北山に在する「一宮」が「北山宮」と呼ばれた事は推測出来るものの、これがどのような系譜の南朝皇胤かは明確に分からず、この宮を「尊秀王」とする確かな根拠もないとしている[2]

後南朝は奥吉野、つまり大和紀伊国境付近の北山(奈良県吉野郡上北山村か)あるいは三之公(さんのこ、同郡川上村)に本拠を置いていたといわれる。そこには後南朝の行宮もあった。

嘉吉3年(1443年)9月の禁闕の変の後、神璽は後南朝のもとにあった。その後、赤松氏遺臣の石見太郎・丹生屋帯刀左衛門と四郎左衛門の兄弟などから後南朝に仕えるとの申し出があり、後南朝は彼らを受け入れることにし、康正2年(1456年)12月20日に彼らは吉野へと向かった[3]

しかし、これはら神璽奪還を目指す赤松遺臣らの策略であり、およそ1年にわたって神璽の在処に関する情報を集めていた[4]。そして、長禄元年(1457年)12月2日に北山にいた尊秀王は突如として赤松遺臣らに襲われた[3]。尊秀王は丹生谷兄弟の兄・帯刀左衛門によって討たれ、神璽を強奪された(長禄の変[3]。後世享年18と伝える。

時を同じくして、河野郷にいた弟の忠義王も赤松遺臣らに襲われ、上月満吉によって討ち取られている[5]。ただし、赤松遺臣らは神璽を一時的に持ち去ったものの、異変を察知した吉野の民によって反撃され、神璽と尊秀王の首は奪還されている[3]。その後、神璽は吉野の民によって尊秀王の母の屋敷に戻されたが、翌年の長禄2年(1458年)3月末に赤松遺臣らが再び襲撃をかけ、神璽を持ち去ることに成功した[3]

後世編集

吉野の民によって奪い返された尊秀王の首は金剛寺(川上村)に埋葬されたとされ、その墓は現在も忠義王の墓とともに残っている。ただし、明治期に宮内省(宮内庁)は瀧川寺(上北山村)のものが尊秀王の墓で、金剛寺のものは忠義王の墓と指定しており、食い違いが生じている[6]

また、長禄3年(1459年)以降、尊秀王の首と神璽を奪い返した吉野の民によって、毎年2月5日(尊秀王が即位した日とされる)に生前使用していた武具を神体として崇める「朝拝式」が行われるようになり、現在もその子孫らによって川上村で行われている[7]。尊秀王が外部からやってきた敵に殺害されたこともあって、かつては「筋目」と呼ばれる奪い返した者の男系子孫のみにしか参列が許されなかったが、現在はだれでも参列できるようになっている[7]

吉野町窪垣内では、尊秀王(自天王)が身を隠していたときにが吠えて敵に見つかったといわれることから、犬は不吉なものとされ、以来誰も犬を飼わなくなったという[8]

脚注編集

  1. ^ 本来は自称どおり自天皇と書くべきであるが、当時の史料が北朝の天皇をはばかって「天王」としている。
  2. ^ 森茂暁『闇の歴史、後南朝 後醍醐流の抵抗と終焉』
  3. ^ a b c d e 長禄の変
  4. ^ 渡邊大門『赤松氏五代』P260
  5. ^ 渡邊大門『赤松氏五代』P263
  6. ^ 伝説の後南朝 神器巡る悲劇、今に伝える 朝拝式(奈良県川上村) 古きを歩けば(18)
  7. ^ a b 御 朝 拝 式
  8. ^ 吉野・犬のいない集落の謎・谷崎潤一郎『文学の風景をゆく』、小松健一、PHP研究所, Jun 23, 2003

参考文献編集

  • 渡邊大門『奪われた「三種の神器」―皇位継承の中世史―』講談社、2009年
  • 渡邊大門『赤松氏五代』ミネルヴァ書房2012年

外部リンク編集

  • 尊秀王『感動美談』中西芳朗著、(コドモ芸術学園, 1931)
  • 川上村朝拝式 - 「美しき日本・奈良」動画配信WEBページ
  • 朝拝式 - 奈良県立図書情報館