メインメニューを開く
小トリアノン宮殿北側ファサード
王妃の村里 (Le Hameau de la Reine)
村里の農家(を模して建てられたフォリー
ベルヴェデール (Belvédère)
愛の殿堂 - 1778年完成[1]

小トリアノン宮殿le Petit Trianon)は、ヴェルサイユ宮殿庭園にある離宮の一つ。新古典主義建築であり、建物の形は正方形。内装はロココ様式の最高峰とも評される[2]

1762年から1768年ルイ15世公妾ポンパドゥール夫人のために建てられたもので、アンジュ=ジャック・ガブリエル(Ange-Jacques Gabriel)の設計による。しかし宮殿が完成した時には、ポンパドゥール夫人はすでに亡くなっていた。

その後ルイ16世により王妃マリー・アントワネットに与えられた。彼女は庭をイギリス式とし、そこに農村に見立てた小集落「ル・アモー・ドゥ・ラ・レーヌ」を作らせた。日本語では「王妃の村里」と訳されている。

革命中は酒場になったこともある。

アントワネットが生前に一人静かに田園生活の風情を楽しんだ場所で宮殿で最も愛した場所であり、死後に彼女の幽霊に出会ったという目撃談が相次いだ(トリアノンの幽霊[3]

プチトリアノンの庭園の空撮。 プチトリアノンが中心にあり、 Temple de l'Amourが背後にあり、Pavillonfrançaisが正面にみえる
サル・ア・マネージャ (ダイニングルーム:細かく刻まれたboiseries金メッキにせずに、単純にブルーのTurquinの chimneypieceを補完するために描かれている
サロン
フレンチパビリオン

設計・施工編集

プチトリアノンは、 ルイ14世がベルサイユ宮殿から南東へとうつしたグランドトリアノンの敷地内に、ルイ15世によって10年ほど前に開発された植物園の敷地内に建設された。 [4] それは彼の長年の愛人であるマダム・ド・ポンパドゥールのためにルイ15世の命令によってアンジェ・ジャック・ガブリエルによって設計され、1762年から1768年の間に建設された[5] ポンパドゥールはその完成の4年前に亡くなり、その後プティトリアノンは彼女の後継者であるマダム・デュ・バリーによって所有された。1774年に王位に就任した20歳のルイ16世は、シャトーとその周辺の園を19歳のマリーアントワネット女王に、独占的使用と楽しみのために与えた。 [5] [6] [7]

プチトリアノンの館は、18世紀前半のロココ様式から1760年代以降のより落ち着きのある洗練された新古典派様式への移行期における有名な例であり、本質的には立方体形であるがそれぞれが直面する土地形の部分に従って詳細に設計された4つのファサードのおかげで興味を引き付けられている。コリント式は、正式なフランス式庭園の側に2つの自立型支柱と2つの係合型柱が、かつてはルイ15世の温室で占められていた中庭と周辺の両方に面している。王立の元植物園を見下ろす残りのファサードはそのままにされた。ステップの微妙な活用がシャトーの傾斜した場所のレベルの違いを補っている。

マリー・アントワネットは、格式高い宮廷生活を免れるためだけでなく、彼女の高貴的な任の負担を払拭するためにプチトリアノンを訪れる。ヴェルサイユで彼女は家族と裁判所両方からかなりのプレッシャーの下にあり、プチトリアノンは彼女がそれらのから回避できた安らぎと余暇を楽しめる場所であった。そしてすべてが「de par la Reine」(女王の命令による)であったので、女王の明示的な許可なしには誰も立ち入りを許可されなかった(それもルイ16世でさえと言われている)。女王の「内輪なる円」(ランバル公妃マリー・ルイーズ(Princess de Lamballe)とポリニャック公爵夫人ヨランド・ド・ポラストロン(Gabrielle de Polastron, duchesse de Polignac)を含む)の者だけが招待され、こうした独占権が宮廷の貴族を疎外していく。

親密さと喜びの家として、建物はできるだけ客人と使用人間とが相互作用を必要とするように設計されており、その目的のためにsallesàmangerのテーブルは移動可能で、機械的に床板を通して上げ下げされていけるため、下の使用人が目に見えない場所に設置できるようになっていた。これはテーブルは作られないが、機械装置の描写が基礎から見られることができる。

女王宿泊のアパートでは、マリーのプライバシー保護の必要性が明らかで、ろうそくの光を採用し、彼女の寝室はシンプルではあるが Georges JacobとJean Henri Riesener作の家具を配し、彼女の一般的なスタイルと調和してエレガントでもある。 クロスはJean-Baptiste Pillementによって描かれていた。

フランス革命後の歴史編集

1789年10月5日、マリー・アントワネットがプチトリアノンの庭園にいたとき、 パリから武装した群衆が差し迫って到着したというニュースが届く。王家の強制退去で翌日、プチトリアノンはそこに住み続けていた庭師や他の職員を除いて放棄された。進行中の改装工事は中断され、建設業者に多額の借金が残された。前女王の庭師であるアントワーヌ・リチャードは、内務大臣によって1792年に庭園と植物保育園の学芸員に任命された。1792年7月の君主制の最終的な打倒の後、プチトリアノンのすべての家具、芸術作品および他の貴重品は、1793年6月10日付け条例命令の下で競売にかけられた。オークションは1793年8月25日日曜日に始まり、1794年8月11日まで続いた。売却された物件は広く散らばっていた。銀器、鉛、真鍮製の備品は兵器庫での活用を要望された。彫刻家Amable Boichardは1794年4月に施設から「王族と封建の象徴」を取り除く役目を任命された。

新しい共和国下でプチトリアノンは多くの変更を受けた。国有財産と宣言され、土地は10の区画に分けられた。 ベルサイユ市は植物園を設立することを提案したが、この計画は採択されなかった。1796年に土地は居酒屋にリースされた。1801年までに踊りや祭典に使用され、トリアノンは無視と破壊行為をもたらされていく。集落の建物も老朽化したと報じられた。その後、庭園のレイアウトは若干改善され、学校が複合施設の一部に使用していた。

派生の建築編集

アメリカ

  • コロラド州レイクウッドの May Bonfils Stantonのためにコロラド州の建築家Jacques Benedictが設計したのはトリアノンの正確な複製であるBelmar(1937) [8] [9]
  • 米国ロードアイランド州ニューポートにある金ぴか時代の大邸宅であるMarble House (1888-92)は、トリアノンの影響を直接受けている。
  • ケンタッキー州知事公邸 (1912年)はプチトリアノンに触発されている。
  • Koshland Mansion(1902-04)、3800 Washington Street、 Presidio Heights 、カリフォルニア州サンフランシスコは、 Le Petit Trianonのコピー。 (マーカスKoshlandという成功したウールのトレーダーの息子によって建てられ、サイモンKoshlandと元の父でリーバイ・ストラウス&カンパニー CEOのダニエルKoshland によって(2007-12)CNET創設者ハルシー・マイナーが所有していた)
  • カリフォルニア州 サンノゼにある「The Petit Trianon」という名前のコンサートホールはそのコピー。
  • エール大学で1903年に建てられたバイヤーズホールは建築家ヒス・アンド・ウィークスによるデザインの改作。
  • ノースウェイはコネチカット州グリニッジの邸宅であるPetit Trianon Deuxとしても知られ、1908年にグッドイヤータイヤ社の相続人によって建設された。

他の場所

脚注編集

  1. ^ 中野京子『美術品でたどるマリー・アントワネットの生涯』NHK出版、2016年、112頁。ISBN 978-4-14-088497-3
  2. ^ John Pile and Judith Gura, A History of Interior Design, fourth edition (2013, Laurence King), p. 181.
  3. ^ 今村(1987年) pp.10-11
  4. ^ The Petit Trianon; Palace of Versailles”. Chataeuversailles.fr. 2017年7月9日閲覧。
  5. ^ a b David A. Hanser (2006). Architecture of France. Greenwood Publishing Group. pp. 292–. ISBN 978-0-313-31902-0. https://books.google.com/books?id=zojzUU976h0C&pg=PA292. 
  6. ^ Mme Campan (Jeanne-Louise-Henriette); Jeanne Louise Henriette (Genest) Campan (1887). The Private Life of Marie Antoinette: Queen of France and Navarre. Scribner. pp. 77–. https://books.google.com/books?id=7sXZAAAAMAAJ&pg=PA77. 
  7. ^ James Alexander Arnott; John Wilson; Joseph Maginnisse (1913). The Petit Trianon: being a reproduction of plates from a work by James A. Arnott and John Wilson, architects, of Edinburgh. The Rotch traveling scholarship envois. Architectural Book Pub. Co.. pp. 11–. https://books.google.com/books?id=pJFZAAAAYAAJ&pg=PP11. 
  8. ^ Briggs (2015年9月22日). “Belmar Park in Lakewood displays history, Bonfils wealth and wildlife”. The Denver Post. 2017年5月29日閲覧。
  9. ^ Riley, Marilyn Griggs (2006). High Altitude Attitudes: Six Savvy Colorado Women. Big Earth Publishing. p. 54. ISBN 1555663753. https://books.google.co.il/books?id=gmfKN36ijkkC&pg=PA54. 

参考文献編集

  • Elizabeth Morison (原著), Frances Lamont (原著), 今村光一 (翻訳)『ベルサイユ・幽霊の謎 (世界3大幽霊話)』中央アート出版社、1987年。ISBN 978-4886394958

関連項目編集

外部リンク編集