メインメニューを開く

小倉正宏(おぐら まさひろ 1946年 - )は、劇作家ドイツ文学者岡山県出身、奈良県在住。

1970年京都大学文学部独文科卒業。 雑誌 亜寒帯同人

目次

執筆作品編集

評論・随筆編集

  • 「劇作抄」
  • 「麦笛」
  • 「光と闇我らが世紀」(2000年)
  • 「アメリカ合衆国そして日本とドイツ」(2002年)
  • 「護憲の論理18のポイント」(2007年)
  • 「人類人々の喜びと悲しみの409の詩歌・言葉」 (2018年) 澪標 (出版社)

戯曲編集

  • 「近江国安義橋余話」
  • 「七条大宮月照白骨記」
  • 「鹿鳴吉野滝水音」
  • 「応仁色道記」(第26回コスモス文学賞)

訳書編集

  • 「ドイツ強制収用所での勇者たちの群像」(レマルク)
    • レマルクDer Funke Leben「生命の火花 ドイツ強制収容所における勇者たち」(彩流社、2012)※上記の改訂版
  • 「ドイツ高校歴史教科書(現代史)」

関連項目編集