小出 英常(こいで ふさつね)は、丹波園部藩の第6代藩主。吉親系小出家6代。

 
小出 英常
Koide Fusatune.jpg
時代 江戸時代中期
生誕 寛保3年2月12日1743年3月7日
死没 安永4年9月29日1775年10月23日
改名 英勝→英常
別名 真三郎(通称
官位 従五位下、伊勢
幕府 江戸幕府奏者番
主君 徳川家治
丹波園部藩主
氏族 小出氏
父母 父:小出英持
正室:土井利信の娘
継室:井伊直存の娘
英筠(長男)、英信(次男)、娘(稲垣定淳正室)、娘(立花鑑門継室)、娘(小出英俊室)
テンプレートを表示

生涯編集

第5代藩主・小出英持の次男。正室は土井利信の娘。継室は井伊直存の娘。

宝暦5年(1755年)4月15日、将軍徳川家重御目見する。宝暦7年12月18日(1758年)、従五位下・伊勢守に叙任する。明和4年12月7日(1768年)、父の死去により跡を継ぐ。明和6年(1769年)10月1日、奏者番となった。安永4年(1775年)9月29日、33歳で死去し、跡を長男の英筠が継いだ。