メインメニューを開く

土井 利信(どい としのぶ)は、三河西尾藩の第4代藩主、のち三河刈谷藩の初代藩主。刈谷藩土井家4代。

 
土井 利信
時代 江戸時代中期
生誕 享保13年11月20日1728年12月20日
死没 明和8年2月24日1771年4月8日
改名 八助(幼名)、利信
戒名 鳳徳院翔誉靱輝悟心
墓所 東京都台東区浅草の誓願寺
官位 従五位下、伊予守、大隅
幕府 江戸幕府
三河国西尾藩主→三河国刈谷藩
氏族 土井氏
父母 父:土井利庸
母:本多忠央の養女(本多忠直の娘)
正室:松平忠刻の養女(松平忠救の娘)
栄丸、秀(小出英常正室)、嘉伝次
由利(酒井忠節継室)
養子:利置利徳

享保13年(1728年)11月20日、第3代西尾藩主土井利庸の長男として生まれる(生年は享保8年(1723年)とも)。

享保19年(1734年)、父の死去により家督を継ぐ。延享4年(1747年)2月11日、三河刈谷藩に移封される。寛延元年(1748年)に朝鮮通信使の接待役を務め、宝暦元年(1751年)に江戸城和田倉門番を務めた。

宝暦14年(1764年)5月2日に大隅守に遷任する。明和4年(1767年)8月18日に養子の利徳に家督を譲って隠居した。明和8年(1771年)2月24日に死去した。享年44。