立花 鑑門(たちばな あきかど)は、江戸時代中期の筑後国柳河藩の世嗣。官位従四位下丹後守

 
立花鑑門
Tachibana Akikado.jpg
立花鑑門像(福厳寺蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦5年(1755年
死没 寛政元年8月11日1789年9月29日
改名 富之進(幼名)、鑑門
戒名 空恵紹観浄満院
墓所 東京都練馬区広徳寺
官位 従五位下丹後守従四位下
筑後柳河藩世嗣
氏族 立花氏
父母 立花鑑通、篠沢藤右衛門娘・たみ
兄弟 鑑門通玄通厚鑑一鑑寿
立花茂親室、松、酉、立花通寛室、
立花政峰室、矢島某室、小野隆儀
井伊直幸
井伊直幸養女
テンプレートを表示

経歴編集

宝暦5年(1755年)、7代藩主・立花鑑通の長男として柳川城下花畠亭にて出生[1]。母は篠沢藤右衛門の娘・たみ。幼名は富之進。同母弟は立花監物家・立花致傳の養子となった通玄

明和3年(1766年)に柳河藩嫡子となり、安永3年(1774年)に徳川家治に拝謁する。翌年従五位下丹後守に叙任し、天明7年(1787年)には従四位下に任じられる。十時兵庫が附役を務める。

しかし、家督を継ぐことなく寛政元年8月11日(1789年9月29日)に35歳で江戸で早世した。墓所は広徳寺。三弟・通厚が嗣子の座を辞退したこともあり、代わって、四弟・鑑一が嫡子となった。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 元文3年(1738年)以降、柳川藩の奥(江戸幕府大奥に相当)機能は柳川城二の丸から花畠に移転した

参考文献編集

  • 寛政重修諸家譜
  • 橋本博「大武鑑・中巻」(名著刊行会)
  • 「旧柳川藩志、上巻」(柳川、山門、三池教育会、昭和32年)
  • 「柳川市史別冊 図説立花家記」(平成22年(2010年)、福岡県柳川市、柳川市史編集委員会編集)