メインメニューを開く

小口城(おぐちじょう)は尾張国丹羽郡小口(現・愛知県丹羽郡大口町小口)に存在した日本の城平城)。

logo
小口城
愛知県
小口城の石碑と空堀
小口城の石碑と空堀
別名 箭筈城、大久地城、於久地城
城郭構造 平城
築城主 織田広近
築城年 長禄3年(1459年
主な城主 織田広近、中島氏
廃城年 永禄年間(1558年1569年
遺構 空堀井戸、石碑、説明板
再建造物 物見台
位置 北緯35度20分27.93秒
東経136度54分58.94秒

目次

歴史編集

室町・戦国時代編集

長禄3年(1459年)、織田広近によって築城された。大久地城、箭筈城(やはずじょう)とも呼ばれている。東西約50間(約90m)・南北約58間(約105m)の曲輪に二重の堀と土塁が廻らされた形状であったとされる[1]

文明元年(1469年)、広近は新たに築城した木ノ下城(現・犬山市)に移ったが、文明7年(1475年)に息子の寛近に家督を譲って小口に戻り、隠居所として「萬好軒」を築いて閑居した[1]。萬好軒は広近の遺命に基づき、明応元年(1492年)、織田敏定によって吉祥山妙徳寺と改められている[2]

 
空堀
 
模擬物見櫓

小口城は木ノ下城や犬山城支城として残されたが、永禄年間(1558年-1569年)に織田信長の軍勢に攻め落とされて廃城となった[2]。その後、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦い羽柴秀吉方の稲葉良通が布陣した記録がある。

近代編集

跡地には明治時代末から大正時代にかけて大口第二小学校(現・大口町立大口北小学校)が置かれた[2]

小口城址公園編集

1994年平成6年)と1996年に主郭部の発掘調査が行なわれて井戸の遺構などが見つかっている。1999年(平成11年)に「大口町リバーサイド公園構想」に基づいて高さ17mの物見櫓や出土品を展示する展示棟、名古屋城二の丸の大手門を模した門などが整備され城址公園として開園した。

 
井戸跡

城山古墳編集

小口城址からはかつて須恵器土師器の破片が採集されているほか、勾玉銅鏡が出土したという記録があり、古墳であったとの説もある[3]

脚注編集

  1. ^ a b 大口町史 P.825
  2. ^ a b c 大口町史 P.826
  3. ^ 大口町史 P.117

参考文献編集

  • 大口町史編纂委員会 編『大口町史』愛知県丹羽郡大口町役場 発行、1977年

外部リンク編集