小坂 洋二(こさか ようじ、1948年10月19日 - ) は、日本の音楽プロデューサー

経歴編集

兵庫県神戸市出身。

早稲田大学第一文学部卒業[1]

1970年から渡辺プロダクション在籍。布施明大塚博堂のマネージャーを務め[1]、大塚作品の歌詞を「るい」名義で数多く手掛けた。

1978年、エピック・ソニー設立時にレーベルプロデューサーとしてスカウトされ移籍[1]

1979年春に当時サラリーマンをしていた佐野元春の才能をいちはやく見抜き、翌1980年にデビューさせた。

その後も、大江千里TM NETWORK渡辺美里岡村靖幸などを手掛け、同じエピック・ソニーのプロデューサー目黒育郎と共に1980~90年代におけるエピック・ソニーの黄金時代を築いた。

2000年、エピック・ソニー退社。同年5月、株式会社Palm Beach代表取締役社長に就任[1]Rie fuサンタラジン紗希などを手がける。

2008年に音楽業界から引退する[1]

手掛けたアーティスト編集

EPIC・ソニー時代

など

Palm Beach時代

など

参考文献編集

  • 下村誠『路上のイノセンス』(JICC出版局、1986年)
佐野元春の伝記。エピック前後の小坂についてまとまった記述がある。
  • スージー鈴木『EPICソニーとその時代』(集英社新書、2021年)
第三章で小坂へのインタビューが掲載されている。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 集英社刊「EPICソニーとその時代」スージー鈴木著p.210より。

外部リンク編集