小姓組

江戸幕府及び諸藩の組織で、軍事を司る番方(武官)のひとつ
小姓組番頭から転送)

小姓組(こしょうくみ)とは、江戸幕府及び諸藩の組織で、軍事を司る番方(武官)のひとつ。

概要編集

慶長11年(1606年)11月に設立され、水野忠元日下部正冬成瀬正武大久保教隆井上正就板倉重宗の6人を番頭(ばんがしら)とした。

同様の組織として五番方(小姓組書院番新番大番小十人組)があり、小姓組はその中でも両番(小姓組、書院番)に含まれている。一般的にイメージされる「小姓」とは異なり、純然たる戦闘部隊である。設立初期は勤番所の前に花畑があったことから花畑番と呼ばれた。

戦時の任務は旗本部隊に於いて将軍の直掩騎馬隊の任に就き、平時は当初、江戸城内の将軍警護として本丸御殿黒書院西湖の間(この前に花畑があった)に勤番していたが、寛永20年(1643年)の新番創設に伴い、書院番が勤番していた白書院紅葉の間に移動している。なお、小姓組は書院番と異なり、駿府在番はない[1]。書院番とともに親衛隊的性格を持つため、番士になる資格が家格や親の役職などで制限されていた。そのため番士の格が他の番方より高いとみられ、その後も高い役職に就くことが多かった。若年寄支配で、番頭の役高4,000石。6番あり、番頭の他に与頭1人と番士50人。西の丸に他に4番あった。

脚注編集

参考資料編集

  • 『徳川幕府辞典』 竹内誠編 東京堂出版 2003年
  • 『大日本史料』12編4冊474頁