メインメニューを開く

小室 直人(こむろ なおと、1916年(大正5年)5月1日 - 1997年(平成9年)11月25日)は、日本の法学者鳥取県の谷内家に生まれ、宮城県小室家へ養子に行く。東北帝国大学法文学部卒、1940年学徒出陣、45年復員し、1950年東北大学法学部大学院旧制)修了、大阪市立大学助手講師助教授教授、1962年「上訴制度論」で東北大学法学博士。80年定年退官、名誉教授。1989年勲三等旭日中綬章受勲。次女は経済学者・岸野澄子(1950 - 名古屋経済大学准教授)。その夫は岸野和郎・名城大学助教

目次

著書編集

  • 『上訴制度の研究』有斐閣、1961 大阪市立大学法学叢書
  • 『民事訴訟法論集』信山社、1999

共編著編集

  • 『民事訴訟法の基礎』斎藤秀夫共編 青林書院新社、1975 基礎法律学大系 入門編
  • 『民事訴訟法講義』編著 法律文化社、1978
  • 『別冊法学セミナー 基本法コンメンタール 民事訴訟法』新版 賀集唱共編 日本評論社、1981
  • 『倒産法』若林安雄共編 青林書院新社、1984 青林教科書シリーズ
  • 『民事執行法講義』編著 法律文化社、1988
  • 『別冊法学セミナー 基本法コンメンタール 新民事訴訟法』賀集唱、松本博之加藤新太郎共編 日本評論社、1998
  • 『新民事訴訟法講義』監修 三谷忠之、若林安雄、波多野雅子共著 法律文化社、1998

記念論集編集

  • 『裁判と上訴 小室直人・小山昇先生還暦記念』有斐閣、1980

参考編集

  • 『人事興信録』1995年
  • 回想断章 (小室名誉教授・山崎名誉教授退任惜別記念号) 小室直人 法学雑誌、1980-06
  • 『人物物故大年表』