メインメニューを開く

小山 久之助(こやま ひさのすけ、安政6年2月[1]1859年) - 明治34年(1901年10月3日)は、日本の政治家衆議院議員は騁斉。

来歴編集

信濃国佐久郡小諸城下与良町に小山敬義の次男として生まれる。小諸藩士の山本杏園に漢学を学び、明治5年(1872年)、私塾を開いて「孟子」を論ずる。同11年(1878年)新潟県師範学校に入学したが中退し、上京して興法学舎や、 中江兆民仏学塾に学び、幸徳秋水とともに両高弟と称された。同15年(1882年)、自由民権の雑誌「政理叢談」の発刊に加わり、欧米の憲法論を紹介した。

同20年(1887年)の保安条例で兆民らが「皇居三里外」に追放され、仏学塾が解散したため、後藤象二郎大石正巳らと全国を遊説した。翌21年(1888年)大阪で「東雲新聞」を発刊し、国会開設運動を論じた。同31年(1898年)第6回衆議院議員総選挙自由党から当選したが、板垣退助と決別し脱党し、改進党に入るが離党。議会で軍拡の地租増徴法案が審議された際、星亨の買収を暴露した。兆民の遺稿『一年有半』の出版に尽力したが、病没した。

次男の小山亮も衆議院議員。

脚注編集

  1. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』251頁。

出典編集

  • 『信濃人物志』 文正社、1922年。
  • 『長野県歴史人物大事典』郷土出版社、1989年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『角川日本姓氏歴史人物大辞典 20 長野県姓氏歴史人物大辞典』角川書店、1996年。