小山田与清

小山田 与清(おやまだ ともきよ、天明3年3月17日1783年4月18日)- 弘化4年3月25日1847年5月9日))は、江戸時代後期の国学者。父は田中本孝、母は平戸稲子。高田与成の養子となった。初名は貴長、通称は寅之助、庄次郎、仁右衛門、茂右衛門、将曹。字は文儒、号は松屋、玉川亭、擁書倉、知非斎、報国恩舎。

武蔵国多摩郡小山田村出身。古屋昔陽村田春海に師事し、故実の考証学を専門とした。また、書籍を所蔵する書庫をつくり、それを擁書楼と名づけ、国学者の閲覧に提供した。1831年天保2年)に史館に出仕して、後期水戸学にも影響を及ぼした。門人として伊能頴則など[1]

明治から昭和の政治家、高田早苗は孫に当たる。

著書編集

脚注編集

  1. ^ 関隆治・編 『國学者著述綜覧』 森北書店、1943年、20p。

外部リンク編集

  • 相馬日記 (奈良女子大学学術情報センター)