メインメニューを開く
清水浜臣 /谷文晁・筆

清水 浜臣(しみず はまおみ、安永5年(1776年) - 文政7年閏8月17日1824年10月9日))は、江戸時代後期の医師、歌人国学者。通称は玄長。号は泊洦舎月齋など。姓は藤原。子に清水光房。

目次

略歴編集

武蔵国江戸飯田町の医者清水道円の子として生まれる。早くに父を亡くす。その後、17歳にして江戸の和歌の大家である村田春海の門下生となり、歌を学ぶ。上野に居を構えて家業を継ぎ医者となるも、古学の研究も続けた。多くの著作を手がけ、国学者として著名となる。多くの門人を持ち、幅広く交流を持ったため、人脈も広かった。後妻は三井親和の娘。49歳で没した。墓所は武蔵国入間郡入間川村之内、田中村(現在の埼玉県狭山市狭山[1]。父道円は江戸に出る前この地で医師をしていた)の安穏寺(明治時代に廃寺。平成時代に近傍の天岑寺境内に再興)。

その他編集

  • 同じく春海の門下生であった本庄宿森田豊香とも交流があり、豊香の子である豊文も浜臣の弟子である。浜臣は本庄の門人を指導しに、たびたび森田家に泊まりに来ていた。

脚注編集

  1. ^ 清水濱臣の墓狭山市指定文化財〔記念物・史跡〕昭和48年(1973年)3月1日指定 狭山市

外部リンク編集