メインメニューを開く

小島 恒久(こじま つねひさ、1926年 - 2019年3月2日 )は、日本の経済学者社会運動家、歌人九州大学名誉教授、元社会主義協会代表・顧問、元労働者運動資料室理事長。正四位[1]

人物編集

1926年佐賀県生まれ。1945年長崎経済専門学校在学中に原爆被爆1950年九州大学経済学部卒業、続いて大学院特別研究生となり向坂逸郎に師事。1955年より九州大学教養部に勤務、経済学を講じる。講師助教授教授を務め、1989年に定年で退官。続いて熊本学園大学教授となり、1996年まで勤務し再度の定年で退職。

九州大学在職中、三井三池炭鉱・四山鉱の労働者教育に関わるなど、研究、社会活動の両面で向坂逸郎の志を積極的に継承する。1998年より2014年まで、社会主義協会代表を務める。『日本資本主義論争史』(ありえす書房)は、労農派の立場からの数少ない日本資本主義論争の概括である。1998年より社会主義協会代表となる。2014年社会主義協会代表を引退し、顧問となる。アララギ派の歌人でもあり、2006年福岡市文学賞を受賞。その歌は朝日新聞折々の歌」で紹介された。

主な著書(単著)編集

  • 『経済学入門』(労働大学 1963)
  • 『マルクスと向坂逸郎』(ありえす書房 1973.7)
  • 『日本資本主義論争史』(ありえす書房 1976.6)
  • 『マルクス・エンゲルス紀行』(法律文化社 1979.2)
  • 『働く女性百年のあゆみ』 (河出書房新社 1983.7)
  • 『日本経済の流れ』(河出書房新社 1984.9)
  • 『日本資本主義と労働者』(労働大学 1986)
  • 『戦後日本経済の流れ』(河出書房新社 1987.3)
  • 『日本の労働運動 激動の100年史』(河出書房新社 1987.6 )
  • 『日本経済近現代のあゆみ』(河出書房新社 1991.6)
  • 『古典への招待』(労働大学 1994)
  • 『戦後日本経済の流れ』(河出書房新社 1996.3)
  • 『資本主義経済のあゆみ』(労働大学 1999)
  • 『向坂逸郎 その人と思想』(えるむ書房 2005.2)
  • 『歌集 原子野』(短歌新聞社 2005.11)
  • 『歌集 晩禱』(現代短歌社 2014.1)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』7483号、平成31年4月8日

参考文献編集

小島祥弘「小島恒久を偲びて」

外部リンク編集