小市国造(おちのくにのみやつこ・おちこくぞう)は、小市国を支配した国造

概要編集

祖先編集

  • 先代旧事本紀』「国造本紀」によれば、応神天皇の御世に、物部連と同祖の大新川命の孫の子致命を国造に定められたとされる。
  • また、「天孫本紀」の物部系譜には、大新川命の子の物部大小市連が小市直の祖とされている。

氏族編集

越智氏(おちうじ、)で、代々国造や郡司に任じられ、一族の越智玉澄は大三島大山祇神社を創建したと伝えられている。子孫には大三島大山祇神社の大祝家などが存在する。

本拠編集

不明。

支配領域編集

国造の支配領域は当時小市国と呼ばれた地域、後の令制国伊予国越智郡、現在の愛媛県今治市東部に相当する。現今治市西部の大西町、菊間町周辺には小市国造に隣接する形で怒麻国造が置かれた。

氏神編集

伊予国一宮で、『延喜式』に名神大社として掲載されている大山祇神社

参考資料編集

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会・編『角川日本地名大辞典(愛媛県)』 角川書店、1991年、ISBN 4-04-001380-8、26,182頁