メインメニューを開く

小杉 英了(こすぎ えいりょう、1956年12月19日 - )は、日本の翻訳家評論家小説家北海道旭川市生まれの関西育ち。関西学院大学仏文科卒。東京都在住。

小杉 英了
(こすぎ えいりょう)
誕生 (1956-12-19) 1956年12月19日(62歳)
日本の旗北海道旭川市[1]
職業 翻訳家評論家小説家
国籍 日本の旗 日本
ジャンル ホラー小説
主な受賞歴 日本ホラー小説大賞(2012年)
デビュー作 『先導者』(2012年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ロック・ミュージックとグノーシス派の洗礼から霊学を志し、ルドルフ・シュタイナーの認識論を通って三島由紀夫の文化論に到る。オイリュトミー舞台公演の脚本として『謡曲・鬼阿闍梨』(京都・金剛能楽堂 1991)、『外典・緑の蛇と百合姫の物語』(新宿・朝日生命ホール 1992)がある。2012年、小説『先導者』(受賞時タイトルは『御役』)で日本ホラー小説大賞受賞[2]

目次

作品編集

訳書編集

  • レイチェル・ストーム『ニューエイジの歴史と現在 地上の楽園を求めて』(1993年11月 角川選書) - 共訳:高橋巌
  • ゲオルグ・フォイアスティン『聖なる狂気 グルの現象学』(1999年6月 春秋社)

評論編集

  • 三島由紀夫論 命の形(1997年9月 三一書房)
  • シュタイナー入門(2000年11月 ちくま新書)

小説編集

  • 先導者(2012年11月 角川書店 / 2014年10月 角川ホラー文庫)
  • ターミナル・デイ(2013年10月 角川書店)
  • 赤い呪縛(2015年7月 KADOKAWA

出典編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.450
  2. ^ 第19回日本ホラー小説大賞受賞作”. 2012年1月25日閲覧。