小林善彦

小林 善彦(こばやし よしひこ、1927年 - )は、日本のフランス文学者東京大学教養学部名誉教授、日仏会館顧問。

略歴編集

1927年に東京都に生まれる。東京大学文学部仏文科卒。1965年に東京大学教養学部助教授となり、教授、1988年定年退官、名誉教授、学習院大学教授、日仏会館副理事長などを歴任している。1976年 - 78年の間にパリ日本館館長も務めている。

ジャン=ジャック・ルソーの研究が専門。

著書編集

  • ルソーとその時代 文学的思想の試み (大修館書店、1973年)
  • パリ日本館だより フランス人とつきあう法 (中公新書、1979年)
  • フランス語《発音編》 (白水社、1981年、白水社カセットブックス)
  • フランスの知恵と発想 (白水社、1987年)
  • フランス学入門 (白水社、1991年)
  • 人権は「普遍」なのか 世界人権宣言の50年とこれから 樋口陽一共編 (岩波ブックレット、1999年)
  • 誇り高き市民 ルソーになったジャン=ジャック (岩波書店、2001年)

翻訳編集

  • パリの歴史 マルセル・ラヴァル 山路昭共訳 (白水社文庫クセジュ、1957年)
  • 十七世紀フランス文学 V.-Lソーニエ (白水社文庫クセジュ、1958年)
  • 太陽の影 アルジェリア出征兵士の手記 ジャン・ミュレール 
鈴木道彦二宮敬共訳 (青木書店、1958年)
 ※中公文庫で再刊、新版が中公クラシックス
  • 言語起源論 ルソー (現代思潮社、1970年)
  • ルソー 告白 (「全集 第1.2巻」 白水社、1979年/ルソー選集1-3巻、1986年)