メインメニューを開く

小林 照子 (こばやし てるこ、1935年2月24日 - ) は、日本メイクアップアーティスト美容師・美容研究家。東京都練馬区出身。

美・ファイン研究所創業者 (株式会社美・ファイン研究所)・フロムハンドメイクアップアカデミー校長・青山ビューティ学院高等部校長・リバイタライズサロン クリーム運営・ JMAN (ジャパンメイクアップアーティストネットワーク) 理事長・エンゼルメイク研究会副会長などを務める。

長女は美容家の小林ひろ美

経歴編集

  • 3歳ころ両親が離婚、再婚した父に引き取られる。
  • 1942年 実父と死別、同年に継母の兄夫婦の養女となる。戦争の激化により養母の故郷である山形県狩川町に疎開した。
  • 1951年 養母が死去。納骨のため上京し、自立を決意する。東京で保険のセールスをしながら夜間は美容学校へ通う。
  • 1957年 東京高等美容学院を卒業し、翌年小林コーセー (現コーセー[1]) に美容指導員として就職した。約2年間出張や講演会で各地を回った後、本社教育課に配属される。
  • 1964年 長女・ひろ美を出産する。
  • 1965年 マーケティング部に新設された美容研究室に異動する。世田谷区下北沢に転居した際、自宅近くにアトリエを構え、若手の指導を始める。
  • 1970年 視察旅行で18日間アメリカに行った。
  • 1981年 メイクをアートとして表現する「からだ化粧」を始める。
  • 1983年 小林コーセーが開校したザ・ベストメイクアップ・スクールの初代校長に就任し、美容研究部長を兼任する。
  • 1985年 小林コーセーの取締役に就任。小林コーセー初の女性取締役だった[2]
  • 1991年 コーセー取締役を辞任し、 株式会社美・ファイン研究所を設立。ザ・ベストメイクアップ スクール校長を兼任。
  • 1994年 フロムハンドメイクアップアカデミーを開校。
  • 1997年 リバイタライズサロン クリーム(原宿)、
  • 2010年 青山ビューティ学院高等部 東京校(原宿)、
  • 2012年 リバイタライズサロン 京都sion(京都)
  • 2013年 青山ビューティ学院高等部 京都校(京都)を設立。

「小林照子の印象分析・表現システム 和=美」 (特許取得済) はITによって世界中の人々に利用されている[要出典]。また、アジア全域でプロ養成の教育活動をくり広げており、JMAN(Japan Makeup Artist Network)、医・美・心研究会、エンゼルメイク研究会等のボランティア活動も積極的に行っている。

現在もメイクアップアーティストとして、また美容研究家として第一線で活躍する傍ら、後進の育成のため、美容に特化したカリキュラムで高校卒業資格がとれる高等部(青山ビューティ学院高等部)や、18歳以上を対象としたプロのメイクアップアーティストを育成するメイク専門スクール(フロムハンドメイクアップアカデミー)の校長としても教育に注力している。

著書編集

  • 『ザ・ベストメイキャップ』 (講談社)
  • 『ザ・ベストメイキャップ 英語版』 (講談社)
  • 『自分の「本当の魅力」に出会う本』 (大和書房)
  • 『知性メイクが女を変える』 (KKベストセラーズ)
  • 『仕事も恋もメイクで変わる』 (大和出版)
  • 『もっと輝く50歳からのメイク』 (日経事業出版社)
  • 『メイクの新「基本」テクニック』 (旬報社)
  • 『小林照子のハッピーメイク』 (日本文芸社)
  • 『こんな生き方がしたい メイクアップアーティスト 小林照子』 (西妙子著、理論社)
  • 『「温ケア・冷ケア」で肌は必ずキレイになる』 (青春出版社)
  • 『基礎からわかる!メイクアップのすべて』 (美・ファイン研究所)
  • 『スカルプケア・デトックス」 (青春出版社)
  • 『おうちでかんたん アンチエイジング・ケア』 (成美堂出版)
  • 『美容の極意』 (扶桑社)
  • 『からだ化粧「森羅] (小林照子作品集) 』 (美術出版社)
  • 『これはしない、あれはする』(サンマーク出版)

テレビ出演編集

ほか

舞台編集

  • 「平家物語 幽」 (中野サンプラザ)
  • 「絆 コンサート」 (青山劇場)
  • 「魔女の宅急便」 (青山劇場)
  • 「火の鳥」 (渋谷ジァン・ジァン)
  • 「ロータス・ファンタジー」 (スパイラルホール)
  • 「オロチ伝説」 (スパイラルホール)
  • 「50thアニバーサリー 柳下規夫モダンダンス 2007」 (草月ホール)
  • 「ミュージカルオペラ「龍馬」」 (浅草公会堂)

編集

  1. ^ 1991年社名をコーセー (KOSE)に変更。
  2. ^ 83歳、コーセーの元祖女性役員が語る「女性活躍に足りないもの」”. ダイヤモンド・オンライン. 2019年6月23日閲覧。

外部リンク編集