メインメニューを開く

小林 透(こばやし とおる、1964年2月27日 - )は、ベーシスト作曲家北海道札幌市出身。血液型はA型。北海道札幌星園高等学校中退のちに大検を取得。「トオルチャン」の愛称がある。1983年アメリカボストン市のバークリー音楽院(現バークリー音楽大学)に単身留学するも約1年で中退。帰国後はレコーディングのサポートや、シンセサイザーの音源作成やCMなどの作曲活動で活躍している。仲の良い友人に、現ANTHEMのドラマー本間大嗣がいる。

彼のベースプレイは、ハードロックでありながらも、スラップを多用するプレイである。

彼が世に知れたのは、Redというプログレッシブロックバンドであり、メンバーは、ベース小林透、ギター武田秀敏ドラムス湊雅史というトリオ構成であった。ドラムスの、湊雅史は、テクニカルドラマーとして現在でも有名である。

アメリカホノルル市の通信制大学であるイオンド大学で音響概論の講師を務めたほか、現在は、オムニシステムコミュニケーションズというIT関連の会社を経営している。

代表的な使用楽器編集

  • SAVRE BASS/MUSICMAN 1969年製 (With Bartolini Pickups & TUNE PRE-AMP)
  • Jazz Bass/Fender 1977年製 (Fletles Bass)
  • EEL BASS/ORIGINAL 1994年製 (With Bartolini Pickups & TUNE PRE-AMP)

※約17年前の古い書籍から転載(キーボードマガジン-リットーミュージック)

主な作品編集

  • Red/Red
  • MINOS/Red
  • 危険濃度-ドミニオン/D-CREW
  • 平成のモーツァルト/D-CREW

主なCM編集