メインメニューを開く

小柳 卯三郎(おやなぎ[1] / こやなぎ[2] うさぶろう、1843年天保14年3月)- 1915年大正4年)9月6日[2])は、幕末庄屋明治期の政治家衆議院議員新潟県西蒲原郡小吉村長大河津分水建設の功労者[3]

経歴編集

越後国蒲原郡東中村(現:新潟市西蒲区東中)で庄屋の家に生まれる[1]長善館で漢学を学び、京阪地方を遊学[1]。15歳で家督を相続した[1]

明治2年(1969年)大河津分水工事用弁掛に就任[1][3]。その後、新潟県会議員、小吉村長などを歴任[1][2]1880年、国会開設懇望協議会の請願起草委員、同本部長に就任[1]。西蒲原郡自由党を組織し、北辰自由党理事、越佐同盟会評議員などを務め、山際七司を補佐して県内の自由民権運動などを推進した[1]

1891年7月、山際の死去に伴う新潟県第一区の第1回衆議院議員総選挙補欠選挙に出馬して当選[2][4]。その後、第2回第4回総選挙でも当選し、衆議院議員を通算三期務めた[2]

大河津分水工事の再開に尽力し、新潟県治水会を組織して中心となって活動した[1][3]。晩年に再び小吉村長を務めた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 『新潟県県民百科事典』169頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員』250頁。
  3. ^ a b c 『越佐名士録』690-691頁。
  4. ^ 『官報』第2425号、明治24年7月30日。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 野島出版編集部編『新潟県県民百科事典』野島出版、1977年。
  • 坂井新三郎『越佐名士録』越佐名士録刊行会、1942年。